『ミッドナイトスワン』が第44回日本アカデミー賞作品賞!『Fukushima 50』が最優秀賞最多6冠|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ミッドナイトスワン』が第44回日本アカデミー賞作品賞!『Fukushima 50』が最優秀賞最多6冠

イベント 2021/3/20 8:00

『ミッドナイトスワン』が第44回日本アカデミー賞作品賞!『Fukushima 50』が最優秀賞最多6冠

第44回日本アカデミー賞の授賞式が3月19日、グランドプリンスホテル新高輪にて開催。最優秀作品賞の栄誉に輝いたのは、草なぎ剛主演の映画『ミッドナイトスワン』だった。草なぎは、最優秀主演男優賞を獲得した際と同じく、開口一番「マジかって感じですね」と驚きを隠せなかった様子。そして「あきらめずに⼀歩ずつ進んでいけば、奇跡は起こるんだ」と万感の想いを口にした。

【写真を見る】草なぎ剛や長澤まさみら最優秀賞受賞者たち
【写真を見る】草なぎ剛や長澤まさみら最優秀賞受賞者たち[c]日本アカデミー賞協会

『ミッドナイトスワン』は、草なぎ剛がトランスジェンダーという難役に挑んだ愛の物語。身体と心の葛藤を抱えて生きる主人公が、バレエダンサー志望の少女と出会い、疑似親子的な関係を深めていく。


本作で女優デビューを果たし、新人俳優賞を受賞した服部樹咲は、初めて演技に挑戦した今作品について、「映画館に⾜を運んでくださった⽅々やSNSなどで盛り上げてくださった⽅などに感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝を伝えた。

『ミッドナイトスワン』
『ミッドナイトスワン』[c]2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

内⽥英⼆監督は、「スタッフと役者そしてやっぱり観客、観客があってこそのやっぱり映画なんだと思いました」と語り、スタッフとキャスト全員が同じ⽅向を向いて作り上げた作品ということに加え、コロナ禍で劇場に⾜を運んでくれた観客にも心から感謝した。

『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』
『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』[c]2020『Fukushima 50』製作委員会

また、12部⾨12賞で優秀賞を受賞した『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』が、渡辺謙の助演男優賞、若松節朗監督の監督賞のほか、撮影賞、照明賞、美術賞、録音賞などの技術賞を含め6冠を手にした。コロナ禍で昨年の授賞式は初の無観客開催となったが、今年は会場を2つに分け、密を避けるなど万全の感染症対策を講じた上で、観客を入れての開催となった。

関連作品