アカデミー賞の次は“ニャカデミー賞”!映画ファンが熱視線を送る『映画大好きポンポさん』の魅力とは|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/4/25 20:00

アカデミー賞の次は“ニャカデミー賞”!映画ファンが熱視線を送る『映画大好きポンポさん』の魅力とは

映画界の最高の栄誉として謳われる第93回アカデミー賞が、いよいよ日本時間の4月26日(月)に発表となる。昨年は韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(19)が作品賞など4部門に輝く快挙を成し遂げ大きな話題を集めた。
今回のアカデミー賞は新型コロナウイルスによる相次ぐ公開延期も相まって、劇場公開vs配信という構図が大きく取り沙汰されることに。デヴィッド・フィンチャー監督の『Mank/マンク』やベトナム戦争時にアメリカ中が注目した裁判を描いた『シカゴ7裁判』といったNetflix作品や、アカデミー賞の常連スタジオであるサーチライト・ピクチャーズが贈る『ノマドランド』(公開中)、気鋭のスタジオA24が手掛けた『ミナリ』(公開中)などが2020年の映画界の頂点を競い合う。

映画づくりに奮闘する青年と敏腕プロデューサーを描く『映画大好きポンポさん』

【写真を見る】映画ファン&映画制作を目指す人は必見!『映画大好きポンポさん』で描かれる、アニメならではのリアリズムとは
【写真を見る】映画ファン&映画制作を目指す人は必見!『映画大好きポンポさん』で描かれる、アニメならではのリアリズムとは[c]2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

世界中の映画ファンがその結果に熱い視線を注ぐ、ハリウッドが一年で一番盛りあがる夜を迎えようとしている一方、架空の街“ニャリウッド”ではアカデミー賞ならぬ“ニャカデミー賞”を目指すクリエイターたちが日夜映画づくりに没頭しているようだ。そんな彼らの奮闘を描いたのが、『映画大好きポンポさん』(6月4日公開)だ。

描写のリアリティには、業界関係者からは絶賛の声も!
描写のリアリティには、業界関係者からは絶賛の声も![c]2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

2017年にイラスト投稿サイト「pixiv」に投稿され、またたく間に80万ビューを突破。「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などに入賞した杉谷庄吾【人間プラモ】の同名作品を原作にした本作は、これまで数多作られてきた“映画づくり映画”とは一味違う視点から、映画づくりの舞台裏と、クリエイターたちが作品に込めた想いが描かれていく。すでに目の肥えた業界人から絶賛の声が寄せられている本作は、映画が好きでたまらない人にこそ刺さる作品に仕上がっているのだ。


制作現場を描く作品ではおなじみの撮影現場での波乱も
制作現場を描く作品ではおなじみの撮影現場での波乱も[c]2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

“映画界の巨人”と呼ばれる伝説のプロデューサー、J・D・ペーターゼンを祖父に持つ敏腕プロデューサーのポンポさんのもとで、製作アシスタントをしているジーン。映画を撮ることに憧れながら、自分には無理だと卑屈な毎日を送っていた彼は、ある時任されたCM製作でそのセンスが認められ、ポンポさんが次に手掛ける映画『MEISTER』の監督に抜擢される。10年ぶりに復帰する伝説の俳優マーティン・ブラドックを主演に、そしてポンポさんの目利きにかなった新人女優のナタリー・ウッドワードをヒロインに迎え、波乱万丈の撮影がはじまることに。

新人女優のナタリーをヒロインに迎え、いざ撮影開始!
新人女優のナタリーをヒロインに迎え、いざ撮影開始![c]2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

関連作品