【第93回アカデミー賞】脚本賞はキャリー・マリガン主演の痛快な復讐劇『プロミシング・ヤング・ウーマン』|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/26 9:18

【第93回アカデミー賞】脚本賞はキャリー・マリガン主演の痛快な復讐劇『プロミシング・ヤング・ウーマン』

現地時間4月25日(日本時間4月26日)に開催中の第93回アカデミー賞授賞式。脚本賞に輝いたのは、キャリー・マリガン主演映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』(7月16日公開)だった。脚本と監督を務めたのは、ドラマ「ザ・クラウン」(16~)でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じた女優、エメラルド・フェネルだ。

受賞の喜びを語るフェネル
受賞の喜びを語るフェネルTodd Wawrychuk / A.M.P.A.S.

初監督、初の脚本賞ノミネートでオスカー像をフェネルは「こんなんことが起きるなんて!オスカー像ってこんなに重いし、冷たいわ」と興奮しながら「泣かないように頑張ってるわ。私は英国人だから」と喜びを口にした。

妊娠7か月で撮影を敢行したしたフェネルは「この映画、すばらしい人たちと23日間で撮りました。才能と愛とユーモア、愛に溢れた多くの人の協力によって、完成しました」と言ったあと、キャスト、スタッフ、家族への感謝の想いを口にした。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』は23日間で撮られた作品だという
『プロミシング・ヤング・ウーマン』は23日間で撮られた作品だという[c]2020 PROMISING WOMAN, LLC All Rights Reserved.

『プロミシング・ヤング・ウーマン』は、キャリー・マリガン演じるスリリングで痛快な復讐エンターテインメント。マリガン演じるキャシーは、“明るい未来が約束された若い女性”(プロミシング・ヤング・ウーマン)だったが、ある不可解な事件により、有望な前途を奪われてしまう。そんな彼女には知られざる“もうひとつの顔”があった。本作は、脚本賞のほか、作品賞、監督賞、主演女優賞、編集賞の5部門にノミネートされた。


本作は前哨戦で、第4回ハリウッド映画批評家協会賞の作品賞や、2021年全米脚本家組合(WGA)賞でオリジナル脚本賞を受賞。本作で監督デビューを果たしたフェネルは、アカデミー賞監督賞の候補者となった史上7人目の女性で、また史上初の英国人女性となった。加えて『ノマドランド』(公開中)のクロエ・ジャオと共に、2人の女性監督賞候補者が選出されたのも史上初で、受賞の行方が楽しみである。

文/山崎伸子

関連作品

  • プロミシング・ヤング・ウーマン

    3.9
    248
    キャリー・マリガン主演で、ある事件によって有望な前途を奪われた女性の復讐劇を描く
  • ミナリ

    3.6
    413
    アメリカンドリームを胸に移住してきた韓国人一家の物語をA24とPLAN Bで描く
  • シカゴ7裁判

    4.3
    26
    実話に基にベトナム戦争の抗議デモ首謀者として逮捕、起訴された7⼈の男の裁判を描く
    Netflix