一度入ったら最後…菅田将暉主演『CUBE』60秒予告&本ビジュアルは死のトラップと迷宮の謎が満載|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/2 7:00

一度入ったら最後…菅田将暉主演『CUBE』60秒予告&本ビジュアルは死のトラップと迷宮の謎が満載

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督による1997年公開の密室サスペンス『CUBE』を、菅田将暉、杏、岡田将生ほかの出演でリメイクした『CUBE』(10月22日公開)。このたび同作にサブタイトル「 一度入ったら、最後」が付せられるが決定。さらに60秒予告編と本ビジュアルが解禁された。


全方向に謎の扉がある謎の部屋“CUBE”へ理不尽に閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員と素性もバラバラな彼らは扉の先へ脱出を試みようとするも、同じような部屋が無数に続き、さらに部屋に仕掛けられた死のトラップが次々と襲う。

解禁された予告では、火炎噴射やワイヤースライサーなど、数々の死のトラップが6人を襲うシーンが次々と映し出されていく。そして「劇薬系密室エンタテインメント開幕」と映し出された次の瞬間、不穏な音楽と共に不気味な気配漂うシーンが次々映される。なぜ6人は閉じ込められたのか?閉じ込めたのは何者なのか?死のトラップが張り巡らされたCUBEの中で恐怖と葛藤する6人を待つ結末は…?


あわせて披露された本ビジュアルでは、真っ赤に染まったCUBE内の怯え、驚き、様々な表情を浮かべる6人が写されたもの。CUBEは誰かの殺意を感知すると赤く染まり、一体誰が誰への殺意を抱いているのか不穏な展開をさらに増幅させる。さらにビジュアルには予告でも映る謎の数字が記され、さらに右下には謎の“手”が写っている。この手は一体誰のものなのか?

謎と死のトラップが続く迷宮は、まさに入ったら最後、二度と外には出られない。そんな絶望感をストレートに表したサブタイトルがこのたび付せられ『CUBE 一度入ったら、最後』。予告とビジュアルに散りばめられた数々の謎をチェックし、劇場で解き明かしてもらいたい。

文/サンクレイオ翼

関連作品