すべてがレベルアップ!観れば“アガる”『孤狼の血 LEVEL2』の必見ポイント|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/8/14 20:00

すべてがレベルアップ!観れば“アガる”『孤狼の血 LEVEL2』の必見ポイント

この夏、最高にアガる映画がやってくる。いまや日本映画界をリードする存在となった白石和彌監督待望の最新作であり、警察とヤクザの攻防戦を描いた『孤狼の血』(18)の続編となる『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)は、荒ぶる男たちの血や汗、息遣いがスクリーンいっぱいにほとばしる、とびきり熱いバイオレンス・エンタテインメントとして完成、公開の時を待っている。本稿では、全編にわたって緊張感があふれる本作の、特に必見といえるポイントを紹介していこう。

二転三転する物語…エンタメ度もレベルアップ!

前作『孤狼の血』の3年後を舞台とし、柚月裕子の原作シリーズでは描かれていないオリジナルストーリーが展開する本作。伝説の刑事、大上(役所広司)の意志を受け継いだ若き刑事の日岡(松坂桃李)は、裏社会の顔役として、警察組織、暴力団の双方から一目置かれていた。しかし悪魔のような暴力性を帯びた男、上林(鈴木亮平)が出所してきたことで、事態が急転していく…。

裏社会、警察組織、マスコミなど、誰が正義で、誰が裏切り者なのか、二転三転するストーリーから目が離せない本作。軸となるのが、日岡と上林のライバル関係で、初対面から激突シーンまで、しのぎを削る両者の間に走る、えもいわれぬ緊張感がたまらない。


日岡の相棒として捜査のあたる広島県警本部・捜査一課の刑事を中村梅雀が演じる
日岡の相棒として捜査のあたる広島県警本部・捜査一課の刑事を中村梅雀が演じる[c]2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

広島の秩序を守るために、暴力団組織とつながりを持ちながら危険な綱渡りを続けるマル暴刑事の日岡。前作の優等生キャラから、飢えた狼のようなギラギラとした刑事へとレベルアップした彼を、松坂が減量を経た役作りで見事に体現。日岡の前に立ちはだかる上林は、前作の抗争で殺された「五十子組」の五十子会長(石橋蓮司)に忠義を尽くそうとする男だ。上林は“親”である五十子会長の仇として、日岡に狙いを定める。そこには、上林なりの正義があるのだ。劇中では上林の過酷な少年時代も明らかとなるなど、ただのモンスターではない厚みのあるキャラクターとして登場。だからこそ、2人のライバル関係も一層味わいのあるものとなっている。

鈴木亮平演じる“悪魔”の男に震える!
鈴木亮平演じる“悪魔”の男に震える![c]2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

そして日岡と上林の間でスパイとして揺れ動くチンピラ、チンタ(村上虹郎)の存在も重要で、それぞれの背負うドラマが絡み合い、怒涛のクライマックスへとなだれ込む過程はドキドキハラハラの連続。白石監督は「オリジナルストーリーを作るうえでは、エンタテインメントとしてどこかぶっ飛んでいるような、なおかつめちゃくちゃおもしろいものを作りたいと思っていた」と意気込んだというが、その言葉通り、前作以上にエンタメに振り切った予測不能の展開で「こう来たか!」と大いに楽しませてくれる。


禁断のバイオレンス・エンタメを徹底追及!『孤狼の血 LEVEL2』特集 【PR】

関連作品

  • 孤狼の血 LEVEL2

    4.1
    610
    柚月裕子原作の小説を映画化した白石和彌監督の『孤狼の血』から3年後を描いた続編