発行部数50万部超のベストセラー恋愛小説「余命10年」が映画化!監督は『新聞記者』の藤井道人 - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/19 10:00

発行部数50万部超のベストセラー恋愛小説「余命10年」が映画化!監督は『新聞記者』の藤井道人

<スタッフコメント>

●藤井道人(監督)

「初めて『余命10年』を読んだとき、原作の小坂流加さんが生前に抱いていた『生きる』ということへの想いで溢れた小説だと思いました。普段見落としがちな四季折々の自然の変化や、主人公・茉莉と和人が過ごした日々は、まるで小坂さんが生きている時に思い描いていた『夢』だったようにも感じました。僕は、この作品を直感的に映画として残したいと強く思いました。当たり前が当たり前ではなくなったこの世の中で、小坂さんが残してくれた『余命10年』という作品が、皆さまの明日を生きる糧となるように、信頼するキャスト・スタッフと約一年に渡り四季を撮り続け、この映画に向きあって来ました。公開を楽しみに待っていていただけると幸いです」

●関口大輔(プロデューサー)

「小坂流加さんが『余命10年』に込められた想いをきちんと映像化して世の中に届けたいと思い、映画化を決心しました。ただしこの原作を映像化するには多くの高い才能を集め、緻密な脚本を練り上げ、ほかの映画にはない『余命10年』ならではの映像を作らないといけない、というプレッシャーも感じました。そのうえで、この原作をしっかりと受け止め、演出できる監督としてほかの邦画にはないセンスと高い演出力を持つ藤井道人さんにお願いしました」

文/鈴木レイヤ

関連作品

  • 新聞記者

    4.0
    324
    女性記者が権力中枢の闇に立ち向かうシム・ウンギョン×松坂桃李W主演のサスペンス
    Amazon Prime Video Netflix