藤真秀、浪川大輔、水樹奈々ら『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』豪華吹替え声優陣が一挙解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/30 7:00

藤真秀、浪川大輔、水樹奈々ら『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』豪華吹替え声優陣が一挙解禁!

前作『007 スペクター』から6年ぶりとなる最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が10月1日(金)より公開。“ダニエル・クレイグ版”最後の007となることでも話題の本作より、日本語吹替版キャストを務める豪華声優陣が一挙解禁となった。

【写真を見る】ダニエル・クレイグ、最後のボンド姿は必見!
【写真を見る】ダニエル・クレイグ、最後のボンド姿は必見![c]2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

記念すべきシリーズ25作目となる本作では、『007/カジノ・ロワイヤル』(06)から5作でジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが最後のボンド役となることが以前より報道されており、シリーズ最凶の悪役として『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが出演。さらにレア・セドゥやジェフリー・ライト、レイフ・ファインズら豪華俳優陣が顔を揃える。監督は『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(15)などを手掛けた日系アメリカ人であるキャリー・ジョージ・フクナガが務める。

サフィン役のラミ・マレック
サフィン役のラミ・マレック[c]2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

そして今回、5作連続でダニエル・クレイグ演じるボンド役の日本語吹替えを務めてきた藤真秀の続投が決定。また、前作でボンドと行動を共にし、本作でも重要な鍵を握ることが予想される謎多き女性マドレーヌ・スワン役を園崎未恵が同じく続投する。


さらにラミ・マレック演じる最凶の敵サフィン役を「ONE PIECE」のロロノア・ゾロ役などで知られる中井和哉、ラシャーナ・リンチ演じる女性エージェントのノーミ役を『ブラックパンサー』(18)でオコエ役を演じた斎賀みつき、前作でボンドを絶体絶命の危機に追い込んだクリストフ・ヴァルツ演じるエルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役を山路和弘、ビリー・マグヌッセン演じるアッシュ役を浪川大輔、アナ・デ・アルマス演じる諜報員パロマ役を水樹奈々、誘拐される科学者のヴァルド・オブルチェフ役を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(17)のペニーワイズ役でも話題を呼んだ多田野曜平が演じる。

パロマ役のアナ・デ・アルマス
パロマ役のアナ・デ・アルマス[c]2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ボンド役の藤は本作について「今までの作品と違った一面があり、ボンドも見せたことのない顔を見せて、そこはかなり難しいと感じながら演らせて頂きました。マドレーヌとの関係、新たな敵、もちろんアクション等々!見どころ満載の作品です!」と語っており、人気声優陣が集結した豪華日本語版にも期待が膨らむ!



『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念スペシャルサイト「#007待ちきれない」【PR】

関連作品