スナフキンは作者の恋人だった!?『TOVE/トーベ』で知る、“実在”するムーミン谷の仲間たち - 3ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
スナフキンは作者の恋人だった!?『TOVE/トーベ』で知る、“実在”するムーミン谷の仲間たち

コラム

スナフキンは作者の恋人だった!?『TOVE/トーベ』で知る、“実在”するムーミン谷の仲間たち

まさにムーミン俳優!トーベ・ヤンソン本人との不思議なつながり

本作でトーベ役を演じたのは、フィンランドとスウェーデンの舞台で幅広く活躍しているフィンランドの新進気鋭の俳優、アルマ・ポウスティ。2014年にトーベ・ヤンソン生誕100年を記念して制作された舞台「トーベ」で若かりし頃のトーベ役を演じたほか、アニメーション映画『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』(14)では、ムーミントロールのガールフレンド、スノークのおじょうさんの声を担当するなど、以前からムーミン物語の作品に縁があった。

ポウスティは、『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』でスノークのおじょうさんの声も担当
ポウスティは、『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』でスノークのおじょうさんの声も担当写真:EVERETT/アフロ


さらに、ポウスティの祖母ビルギッタ・ウルフソンは、1949年にヘルシンキで上演された初のムーミン劇「ムーミントロールと彗星」に出演しており、トーベとも親しく、ポウスティは子どもの頃、トーベ本人に会ったこともあるという。トーベの墓とポウスティの祖母の墓はとても近くにあり、ポウスティは本作のトーベ役を射止めた時、報告のため、墓参りをしたという。個人的にもトーベとつながりを持つ彼女は、まさに誰もが認める“ムーミン俳優”。アーティストとしてどう生きるべきかに苦悩し、愛にどこまでも忠実だったトーベを等身大で演じきった姿は、本作最大の見どころでもある。

主演のアルマ・ポウスティは、祖母がトーベと親しく、ポウスティ自身も本人に会ったことがあるなど本作の役にぴったりの俳優
主演のアルマ・ポウスティは、祖母がトーベと親しく、ポウスティ自身も本人に会ったことがあるなど本作の役にぴったりの俳優[c] 2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

落書きから生まれて、オペラやアニメーションへ!時代と共に進化してきた「ムーミントロール」

1920年代、子どもだったトーベが「スノーク」という壁に描いた落書きが原型と言われているムーミン。はじめの頃はいまのムーミンとは似ても似つかないおばけのような姿形だったムーミントロールは、戦争という過酷な時代を経て、いつしか風刺画家トーベのトレードマークになっていった。そして戦争が終わり、社会が変わるなかで、体型的にも性格的にも丸くかわいらしい見た目となり、イラスト、小説、漫画で人気を博していく。

時代を経て、徐々に丸くかわいらしいフォルムへと変化していったムーミン
時代を経て、徐々に丸くかわいらしいフォルムへと変化していったムーミン画像はMoomin(@moominofficial)公式Instagramのスクリーンショット

劇中でもバンドラーと共に手がけた舞台の描写があったように、ムーミンの世界は舞台、映画、実写ドラマ、オペラ、パペットアニメーション、テレビアニメーションといった様々な広がりを見せている。日本で1969年と1990年の2度にわたって制作されたテレビアニメシリーズは、欧米でも放映され、世界各国でのムーミン再ブレイクのきっかけともなった。また、フィンランドのタンペレにあるムーミン美術館や、トゥルク市近郊のリゾート地ナーンタリにあるテーマパーク「ムーミンワールド」、近年は本国フィンランド以外では海外初進出となる日本の「ムーミンバレーパーク」の開園など、ムーミンは誕生から100年近く経ってなお進化を遂げ続け、世界中のファンを魅了している。

ヴィヴィカの演出で「ムーミン」を舞台化
ヴィヴィカの演出で「ムーミン」を舞台化[c] 2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

86年の生涯のほとんどを占める長いキャリアのなかで、絵画、風刺画、漫画、絵本、小説と多様な作品を生みだし続けた唯一無二の芸術家、トーベ・ヤンソン。本作が公開され、改めて彼女への注目が集まるいま、トーベの人生と知られざる創作の秘密に触れることで、ムーミンの物語にも、きっと新しい発見が生まれるはずだ。

文/石塚圭子


特集:映画から学ぶ“トリビア”で、世界を知る旅へ【PR】

関連作品

  • TOVE/トーベ

    3.4
    692
    "ムーミン"を生み出したフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンの半生を描いた物語
    Amazon Prime Video U-NEXT