山下智久がNetflix作品初参加!韓国で社会現象を巻き起こしたラブロマンス『建築学概論』リメイク決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/4 5:00

山下智久がNetflix作品初参加!韓国で社会現象を巻き起こしたラブロマンス『建築学概論』リメイク決定

2012年に韓国で観客動員数400万人を突破し、“初恋ブーム”と呼ばれる一大ムーブメントを巻き起こした『建築学概論』(12)。このたび同作の舞台を日本に移してリメイクするNetflix映画『恋に落ちた家』の制作が決定。Netflix作品初参加となる山下智久が主演を務めることが発表された。

2002年、建築家を目指して都内の大学に通っていた18歳の伊吹は、美しくチャーミングな李由梛と出会い、日本の繊細な建築を辿りながら忘れられないひとときを過ごす。それから19年。長い空白の時間を経て、伊吹の前に人生の苦悩を背負った由梛が現れる。そして夕日の街と言われる南アルプスと富士山を眺める絶景の西伊豆町に家を建ててほしいと依頼。あの頃秘めていた想いの答え合わせをするように、ふたりの距離は縮まっていくことに。

「Drops of God/神の雫」(仮題)や「TOKYO VICE」など、国際共同製作作品への出演が相次いでいる山下は、これが約6年ぶりのラブストーリー主演。「大きなプレッシャーを感じているのと同時に、この作品に携われる大きな喜びを感じています」と語る山下は「オリジナルの作品をリスペクトしながら、新しくこのチームで作る愛の形を表現できるよう務めていきたい所存です」とコメント。


プロデューサーには『パッチギ!』(04)や『フラガール』(06)の李鳳宇をはじめ、姜成明、チェ・ジェオンが名を連ねており、日韓のスタッフ・キャストを迎えることが発表されている。オリジナル版では「スタートアップ:夢の扉」(Netflixで配信中)のペ・スジがヒロインのソヨン役を演じ“国民の初恋”と称される人気を獲得したが、本作で同役にあたる李由梛役を誰が演じるのか。今後届けられる続報に注目していきたい!

関連作品

  • 建築学概論

    3.5
    1
    建築家の男性が15年ぶりに再会した初恋相手との思い出を回想するラブストーリー
    Amazon Prime Video U-NEXT