『あなたの番です 劇場版』が首位デビュー!『ラストナイト・イン・ソーホー』は7位にランクイン|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/12/18 10:00

『あなたの番です 劇場版』が首位デビュー!『ラストナイト・イン・ソーホー』は7位にランクイン

12月11・12日の週末映画動員ランキング。先々週、先週に続いて新作が1位にランクインする結果となった。

ファンからの大きな支持を得て『あなたの番です 劇場版』が初登場1位に!

今週は、『あなたの番です 劇場版』が土日2日間で動員24万4000人、興収3億4200万円をあげて初登場1位を獲得。初日から3日間の累計では、動員32万人、興収4億4700万円をあげるヒットスタートとなっている。2019年4月から放送され、次々と起こる予想外の展開からTwitter 世界トレンド1位を5度獲得し、最終回の総合視聴率25%を記録するなど話題となったテレビドラマを、異なる設定&結末で映画化した作品だ。


【写真を見る】衝撃的な展開で話題を集めた人気ドラマを映画化した『あなたの番です 劇場版』
【写真を見る】衝撃的な展開で話題を集めた人気ドラマを映画化した『あなたの番です 劇場版』[c] 2021「あなたの番です 劇場版」製作委員会

本作を観たファンからは、「予想の斜め上をいった!!さすが“あな番”!!」や「言いたい…!けど、言えない…!早くみんなに観てほしい…!」、「もう一回観に行かないと理解できない…!」といった衝撃の展開に驚き、戸惑ったという声がSNSを駆け巡っている。また、公式による初日アンケートによると、男女比は36.2%:63.8%と女性が大きく上回っており、鑑賞理由の1位は「ドラマ『あなたの番です』が好きだから」が73.2%と大半を占めていることから、ファン待望の映画化だったことがうかがえる。劇場には、ティーンと20代の男女を中心に30~50代と幅広い年齢層の観客が来場しており、家族やカップル、友だち同士でイベントとして楽しむグループでの鑑賞なども多い印象だ。

このほか、新作からは『ベイビー・ドライバー』(17)のエドガー・ライト監督が60年代ロンドンのファッション、音楽、そしてホラー映画への愛を込めたタイムリープ・サイコホラー『ラストナイト・イン・ソーホー』が7位にランクインしている。

『ラストナイト・イン・ソーホー』が7位にランクイン
『ラストナイト・イン・ソーホー』が7位にランクイン[c] 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が累計興収31億円を突破

既存作品では、先週首位スタートを切った『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が土日2日間で動員16万9000人、興収2億4900万円をあげて2位にランクイン。累計では、早くも動員76万人、興収11億円を突破している。先週2位の『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』は動員7万9000人、興収2億3800万円をあげ3位に入り、累計は動員98万人、興収31億円を記録するヒットとなっている。

3位の『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』は累計興収31億円を突破
3位の『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』は累計興収31億円を突破[c]2021 J Storm Inc.

今週末の公開作品では、キアヌ・リーブス主演の歴史的SFシリーズ最新作『マトリックス レザレクションズ』、第71回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞した濱口竜介監督による短編集『偶然と想像』、中身はおじさんのキュートな赤ちゃんの活躍を描く人気アニメーションの続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』といったタイトルがスタートしている。

文/サンクレイオ翼

以下は、1~10位までのランキング(12月11・12日)
1位 あなたの番です 劇場版
2位 ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
3位 ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”
4位 ミラベルと魔法だらけの家
5位 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ
6位 そして、バトンは渡された
7位 ラストナイト・イン・ソーホー
8位 劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア
9位 劇場版「きのう何食べた?」
10位 ディア・エヴァン・ハンセン
※興行通信社調べ

関連作品