池田エライザが圧倒的な歌唱力で「Misty」を歌い上げる!『真夜中乙女戦争』本編映像解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/12/24 8:00

池田エライザが圧倒的な歌唱力で「Misty」を歌い上げる!『真夜中乙女戦争』本編映像解禁

King & Prince永瀬廉主演映画『真夜中乙女戦争』(2022年1月21日公開)。池田エライザ、柄本佑が共演する同作より、本編映像が到着した。

【写真を見る】本格的に音楽活動もスタートさせた池田エライザが情感込めて熱唱!
【写真を見る】本格的に音楽活動もスタートさせた池田エライザが情感込めて熱唱![c]2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

本作は、10~20代を中心に圧倒的な支持を集める作家Fによるベストセラー小説を原作とする青春ダークエンタテインメント。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描く。無気力な大学生“私”を永瀬が演じ、“私”が恋心を抱く凛々しく聡明な“先輩”に池田エライザ、“真夜中乙女戦争”という名の“東京破壊計画”を首謀する謎の男“黒服”に柄本佑が扮する。『チワワちゃん』(19)、『とんかつDJアゲ太郎』(20)の二宮健が監督を務め、主題歌はビリー・アイリッシュによる今年7月に発売されたニュー・アルバムの表題曲「Happier Than Ever」。

解禁された本編映像は、東京が破壊されるクリスマスイブの前日に、とあるバーでグラスを傾ける“先輩”と“私”の姿からスタート。お互いに惹かれあいつつも“黒服”の存在により気持ちが見えず疑心暗鬼になりつつある2人。そんななか、“先輩”がジャズのスタンダードナンバー「Misty」をしっとりと歌い上げる姿に興味をかきたてられる。

池田は歌唱について「“先輩”の“私”に対する心情を表しており、“私”のことが気になるのに“私”がどこでなにをしているのかがわからず、自分の気持ちも含めて霞んでいるようで、曲の歌詞とリンクしている」とコメント。二宮監督は「“先輩”自身が惹かれつつある“私”に対する期待と不安。“私”は、自分の拠り所なのかそれとも最大の敵なのか。そして、“先輩”自身が引き返せない状況に来てしまい迷子になってしまっていること。引き裂かれそうなアンビバレントな気持ちを抱えつつも、今夜はロマンを魅せながら歌いたい。そんな瞬間を表現出来たら」とシーンに込めた想いを語った。


また今回公開された映像では、本編にはないFによる「Misty」の日本語歌詞が添えられている。本シーンの“先輩”の気持ちに沿った原作者ならではの歌詞にも注目してほしい。

文/足立美由紀

関連作品