映画『とんび』工藤公康&工藤阿須加親子や北斗晶&佐々木健介夫妻コメント到着!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
映画『とんび』工藤公康&工藤阿須加親子や北斗晶&佐々木健介夫妻コメント到着!

映画ニュース 2022/4/7 17:00

映画『とんび』工藤公康&工藤阿須加親子や北斗晶&佐々木健介夫妻コメント到着!

幾度途切れても必ず繋がっていく親子の絆を描いた重松清のベストセラー小説を、阿部寛北村匠海を迎えて映画化した『とんび』が4月8日(金)より全国公開される。公開を翌日に控えた本日、いち早く鑑賞した各界の著名人から、家族への想いを馳せた熱いコメントが到着した。

【写真を見る】不器用なヤスと、大人になり再び父のもとへ訪れたアキラの絆の行方は?
【写真を見る】不器用なヤスと、大人になり再び父のもとへ訪れたアキラの絆の行方は?[c]2022『とんび』製作委員会

瀬戸内海沿岸の町で運送業者として働くヤス。彼は妻の美佐子との間に息子アキラを授かり幸せの絶頂にいた。しかし、美佐子は事故でこの世を去り、ヤスは息子のアキラと2人きりで生活を始めることに。ヤスは自らを責め続ける日々を送りながらも、仲間たちからの助けを受けアキラと向き合っていくが、ある日ヤスは、母の死の真相を知りたがったアキラに、大きな嘘をついてしまう。主人公の、破天荒ながら愛すべき父ヤス役を阿部が、ヤスの息子アキラ役を北村が演じるほか、薬師丸ひろ子、杏、安田顕、大島優子、麻生久美子など豪華キャストが集結。多くの深遠な物語をエンターテインメントとして昇華させてきた瀬々敬久監督がメガホンをとった。

本作を鑑賞し、昨シーズンまで福岡ソフトバンクホークスで監督を務めていた元プロ野球選手の工藤公康は「選⼿として、監督として、プロの世界で⽣きてきた私は、恥ずかしながら、⾃分の⼦どもたちにいまさらどのように接して良いか分からない時があります。幼少期の境遇もどことなく似ている部分もあり、どこか不器⽤で⼝下⼿なヤスさんと⾃分を照らし合わせて観てしまいました」と、父親としての自分を振り返りながら「不器用でも、うまく表現できなくても良い。真っ直ぐで、誰よりも子どもを想う”愛”があれば、ヤスさんのように温かく、そして大きく深い”海”になれると思います」とコメント。さらに息子で俳優の工藤阿須加からは「観終わったあと、家族に会いたくなりました。僕がこうしていられるのも、周りで支え見守ってくれている人たちがいたから。ありがとう。と伝えたいです」と、家族に向けた思いを吐露した。

そして、北斗晶は「子育てが終わり、息子が小さかった頃、あの頃が一番幸せだった。『とんび』を観るまではそう思ってました。私たち夫婦のもう少しだけ先の人生は、成長した息子が見せてくれる息子の人生ドラマを観ること。それが一番の幸せになると思います」と、本作を観て、幸せな未来を想像できたと語る。佐々木健介からは「ヤスさん同様、不器用な俺も成長し離れていく息子に寂しさを感じ、心も離れてしまう気がしてましたが、言葉に出さずとも息子たちはきっと思ってくれている。温かい気持ちになりました」と、ヤスに共感しながらも、息子を思うコメントを寄せている。


“いまこの時代にこそ届けたい”という想いから、初の映画化が実現した本作。古き良き時代の物語にとどまらない、新たな時代への希望を予感させる家族の絆の物語を、ぜひ劇場で見届けてほしい。

関連作品

  • とんび

    4.3
    1184
    瀬々敬久監督×阿部寛主演×北村匠海共演で重松清の原作小説「とんび」を映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT