ケビン・ファイギ、ジェームズ・キャメロンが“映画館での映画体験”への想いも語る。CinemaConで明かされたディズニーラインナップ総まとめ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ケビン・ファイギ、ジェームズ・キャメロンが“映画館での映画体験”への想いも語る。CinemaConで明かされたディズニーラインナップ総まとめ

イベント 2022/5/3 17:30

ケビン・ファイギ、ジェームズ・キャメロンが“映画館での映画体験”への想いも語る。CinemaConで明かされたディズニーラインナップ総まとめ

米国、ラスベガスで行われていた劇場経営者やメディア向けのコンベンションの「CinemaCon 2022」にて、2022年から2023年にかけてのディズニー作品の概要が明らかになった。映画配給部門の担当役員がプレゼンテーションを行い、「ここ数年、エンタテインメントの世界は間違いなく激変しています。しかし、絶対に失われないもの、そしてこれからも変わらないものが、映画の持つ力です」と述べ、2021年にディズニー、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、そして21世紀スタジオとサーチライト・ピクチャーズが記録したマイルストーンをまとめて紹介した。

2021年発表作品についても振り返った
2021年発表作品についても振り返った

例えば、『ミラベルと魔法だらけの家』(21)はアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞しただけでなく、劇中曲の「秘密のブルーノ」は記録的ヒットになった。同じくアカデミー賞主演女優賞をジェシカ・チャスティンが受賞したサーチライトの『タミー・フェイの瞳』(21)や『ナイトメア・アリー』(公開中)のような作品は、ストーリーテリングの可能性を広げた。マーベル・シネマティック・ユニバースは『ブラック・ウィドウ』(21)、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(21)、『エターナルズ』(公開中)、そしてソニー・ピクチャーズで作られた『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(公開中)の記録的ヒットを経て、5月4日(祝・水)公開の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』へとつながっていく。

「スクリーンで観客に観てもらうために映画を作っている」(ケビン・ファイギ)

まもなく公開を迎える『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』からは特別映像が公開
まもなく公開を迎える『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』からは特別映像が公開[c] Marvel Studios 2022

そこでマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギがステージに呼び込まれ、5月6日の北米公開を前に、すでに前売りチケット売上が4200万ドル(約54億5000万円)に達しているという『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の特別フッテージが上映された。2022年に公開されるMCUの3作品の北米公開日は、『ソー:ラブ&サンダー』が7月8日(日本公開も同日予定)、2018年の『ブラックパンサー』に続きライアン・クーグラーが監督を務める『Black Panther: Wakanda Forever』は11月11日に公開される。


7月8日には『ソー:ラブ&サンダー』の公開も控える
7月8日には『ソー:ラブ&サンダー』の公開も控える[c]Marvel Studios 2022

ファイギは、Twizzlers(リコリス味のグミキャンディ)の袋を持ちながら、「私たちは、映画館の大きなスクリーンで、大勢の観客に観てもらうために映画を作っているのです。Twizzlersの袋のカサカサと言う音とこの匂いを嗅ぐと、見知らぬ人たちでいっぱいの巨大な映画館に座って共通の体験をすることがなぜ楽しいのか、それを大いに思い起こさせてくれます。それが、MCU映画のすべてです。どんなに映画製作が大変でも、やがて誰かがお菓子を持って映画館に座り、私たちが取り組んでいるこの映画を楽しんでくれるのだと、いつも思い出させてくれるのです」と、想いの丈を語った。ファイギは、シネマコンのあとすぐに、3年ぶりにマーベル・スタジオのクリエイティブ・チームが一堂に会するクリエイティブ会議に参加する予定だと述べた。会議室には巨大なボードが設置され、そこには今後10年間のMCU映画がリストになっているという。「そして、それらはどれもユニークで特別な作品であり、すべて映画館で上映される映画です」と熱意を込めて語った。

関連作品