柄本佑、中村倫也の“ずるボディ”を絶賛!『ハケンアニメ!』で吉岡里帆は高野麻里佳の声優力に感動「リスペクトが高まった」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
柄本佑、中村倫也の“ずるボディ”を絶賛!『ハケンアニメ!』で吉岡里帆は高野麻里佳の声優力に感動「リスペクトが高まった」

イベント 2022/5/21 18:30

柄本佑、中村倫也の“ずるボディ”を絶賛!『ハケンアニメ!』で吉岡里帆は高野麻里佳の声優力に感動「リスペクトが高まった」

直木賞作家である辻村深月の同名人気小説を実写映画化した『ハケンアニメ!』の公開記念舞台挨拶が5月21日に丸の内TOEIで開催され、吉岡里帆中村倫也柄本佑尾野真千子、高野麻里佳、ジェニーハイ(小籔千豊、川谷絵音、新垣隆、中嶋イッキュウ)、吉野耕平監督が登壇。ものづくりの尊さを描く映画に、それぞれが愛情を傾けた。

ライバル同士を演じた吉岡里帆&中村倫也、笑顔でトーク!
ライバル同士を演じた吉岡里帆&中村倫也、笑顔でトーク!

アニメ業界における最も成功したアニメの称号“ハケン”をめぐって、作品づくりに打ち込む人々の姿を描く本作。公務員からアニメ業界に飛び込んだ斎藤瞳を吉岡、彼女が憧れる天才監督の王子千晴を中村が演じた。

斎藤瞳役の吉岡里帆
斎藤瞳役の吉岡里帆

吉岡は「プロデューサーの方が『7年かかった』とおっしゃっていた。こんなに長い年月をかけて作る映画って、そうそうないと思う。公開できたことが奇跡と言える1本になったのかなと感じています」としみじみ。劇中アニメのクオリティにも触れながら、「今日はキャストでしか来られていないですが、アニメを作っているチームや、私たちの後ろにはとんでもない数の人たちの努力の結晶がある。それが伝わっていたらいいなと思っています」と心を込める。尾野は「楽しかったねぇ。映画を観ていて、里帆ちゃんと一緒に頑張った感じがした。(吉岡演じる瞳が)頑張っているから、私も頑張ろうと思った」と本作から勇気をもらったと話していた。

王子千晴役の中村倫也
王子千晴役の中村倫也

「とてもステキな作品ができた。観てくれた人が必ず元気をもらえる映画。そういう作品に関われてすごくうれしいです」と感慨を語ったのが、中村。「早く皆さんに佑の役の“ずるカッコよさ”を見てもらいたい」と注目ポイントは、柄本演じる敏腕プロデューサーの存在感だといい、これには柄本が「返す刀で言わせていただければ、倫也くんの“ずるボディ”。あのボディはいい」と続いて、中村も周囲も大爆笑。「風呂上がりの王子監督。こもって『うわーっ』となっている説得力があった。あれでバキバキ(の身体)だったら、こもっていないだろう、ジムとか行っているだろうってなっちゃう」と缶詰状態でものづくりに向き合っているアニメ監督らしい身体だったと大絶賛で、「あれを早くみんなに見てもらいたい」と笑顔を見せていた。


実写映画初出演を果たした高野麻里佳
実写映画初出演を果たした高野麻里佳

実写映画初出演で、自身の職業と同じ声優役に挑んだのが、高野だ。高野は「群野葵ちゃん役を演じさせていただきました。声優役として、私自身も声優なので、すごく身が引き締まる作品でした。アフレコシーンは、皆さんにご満足いただけるようなシーンになったらいいなと気合を入れていました」と打ち明け、会場から拍手を浴びた。アフレコシーンでは、吉岡演じる監督から厳しくダメ出しをくらう場面もあり、「瞳監督の想いに応えられないのがもどかしくて、葵ちゃんは泣いちゃったのかなと考えました。そのシーンについて吉岡さんとお話をした時に『ダメ出しをするのが大変だった』とおっしゃってくださって、恐縮でした」と話す。

吉岡は「あのシーンが、撮っていても一番つらかった」と振り返り、高野の声の芝居が完璧すぎたために、ダメ出しをするのがとても心苦しかったという。「でも瞳は高みを目指していて、もっと行けるという期待値がすごく高い。心のなかでは『まりんか、ごめんね』という気持ちもあり、『もっと行けるんだ』という瞳の想いを体現しなければならないということで、難しいシーンだった。実際に本編を観ると、高野さんの演じ分けが絶妙だった。『これだ!』というものが2人で見つかった瞬間の声は、感動を引っ張っていく力があった。改めて声優さんへのリスペクトが高まりました」と高野の声優力に最敬礼だった。

またこの日は、主題歌「エクレール」を担当したジェニーハイも登場。豪華出演者と舞台挨拶に立った小籔は、「これからジェニーハイ、売れますわ!」と喜びを表現。川谷は「こんなにすばらしい映画に関わらせていただいて光栄。本当に、仕事を頑張りたくなる映画」と力を込め、「映画を観た人が曲を聴いて、もう一度感動できるようにしたかった。歌詞にはめちゃくちゃこだわって、何回も書き直した。いままで作ったなかでも、最長期間くらい曲を作っていた気がする。僕の思い入れも強い。エンドロールで流れた時、泣きそうになるくらいだった」と並々ならぬ思い入れを明かす。吉岡は「本当にいい曲。歌詞が、劇中のクリエイターたちの想いを全部すくい取ってくれている」と感激しきりだった。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • ハケンアニメ!

    4.3
    559
    アニメ業界の制作現場を舞台に主人公達が奮闘する姿を描くお仕事ヒューマンドラマ