「仕事の喜びが詰まっている」「元気と勇気をもらえた」『ハケンアニメ!』が“刺さった”観客の声に見る、胸を打つ魅力|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「仕事の喜びが詰まっている」「元気と勇気をもらえた」『ハケンアニメ!』が“刺さった”観客の声に見る、胸を打つ魅力

コラム 2022/5/19 20:30

「仕事の喜びが詰まっている」「元気と勇気をもらえた」『ハケンアニメ!』が“刺さった”観客の声に見る、胸を打つ魅力

直木賞作家の辻村深月による同名小説を映画化した『ハケンアニメ!』(5月20日公開)。世界からも注目される日本のアニメ業界を舞台に、新人監督と天才監督、彼らを支えるプロデューサーら熱い想いを胸に作品に向き合うスタッフたちが、アニメNo. 1の称号“ハケン(覇権)”を目指して闘う姿を描く。本稿ではMOVIE WALKER PRESS試写会でいち早く鑑賞した観客から寄せられたコメントを紹介しながら、本作の魅力を紐解いていきたい。

試写会も超満員!公開前に異例の話題の『ハケンアニメ!』、リアルな観客の声をお届け
試写会も超満員!公開前に異例の話題の『ハケンアニメ!』、リアルな観客の声をお届け[c]2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

地方公務員からアニメ業界に飛び込み、「サウンドバック 奏の石」(通称「サバク」)で念願の監督デビューを迎える斎藤瞳(吉岡里帆)は、パートナーを組むクセもの敏腕プロデューサーの行城理(柄本佑)に振り回されながら寝る間も惜しんで制作に打ち込んでいた。一方、「サバク」と同クールの同時間帯には瞳が憧れてきた天才監督で、長年のスランプによって崖っぷちに立たされていた王子千晴(中村倫也)の復帰作「運命戦線リデルライト」(通称「リデル」)が。プロデューサーの有科香屋子(尾野真千子)が用意してくれた復帰の舞台に覚悟とプレッシャーを抱えながら臨んでいく王子。そして両者は、熾烈な“ハケン”争いを繰り広げていくことに。

心打たれるドラマがぎっしり!「つらくなった時、この映画のことを思い出す日が来ると思う」

吉岡演じる主人公の瞳は、自身の経験から“アニメには魔法を超える力がある”と強く信じ、自分の作るアニメで多くの人の人生を明るくしたいと願って作品づくりに没頭していく。そんな瞳の姿を一つの軸にして描かれる本作は、アニメ業界の裏側に迫る“お仕事ムービー”でありつつ、そこに関わるさまざまな人々のドラマが入り交じる、普遍的な群像劇としての魅力があふれている。

“仕事人”たちの熱い想いに胸熱!アニメ業界の裏側に迫るお仕事ムービー
“仕事人”たちの熱い想いに胸熱!アニメ業界の裏側に迫るお仕事ムービー[c]2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

試写会の来場者からもっとも多く寄せられたのは「胸が熱くなった!」という声。メインキャラクターである監督やプロデューサーはもちろんのこと、宣伝担当やアニメーター、声優に至るまであらゆるセクションの人々が同じ目標に向かって突き進んでいく姿。そしてライバルと切磋琢磨していく様子がエモーショナルに描かれていくことに、心打たれる人が続出したようだ。

「仕事の喜びが詰まっていて、すばらしかった。少年漫画のような熱さがありました」(編集者・男性)
「“なにかを届けたい”という熱い気持ちが随所から伝わってきました」(エンタメ系勤務・男性)
「120点!全員がすべてを捧げて一つの作品にぶつかっていく様に感動しました!」(Web編集・女性)

“刺さる”アニメを作りたい一心で初監督作品に挑む主人公の斎藤瞳
“刺さる”アニメを作りたい一心で初監督作品に挑む主人公の斎藤瞳[c]2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

また、「これから就活を始める身として、自分をこれほど犠牲にしてでもやりたいと思えることがあるのがとても羨ましい」(学生・女性)「仕事を頑張っている恋人にこの映画を勧めたい。自身の選択に自信が持てないこともあるようなので、元気や勇気をもらってほしい」(会社員・女性)のように、ひたむきに仕事に打ち込む登場人物たちの姿を自身や身近な人物と照らし合わせる人も多々見受けられた。

そして「つらくなった時、この映画のことを思い出す日が来ると思う」(会社員・女性)など、本作が仕事の原動力になるほど“刺さった”という声も。


さまざまな困難に立ち向かう主人公の姿に共感すること間違いなし!
さまざまな困難に立ち向かう主人公の姿に共感すること間違いなし![c]2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

さらに実際にアニメ業界に携わっている人々からも、劇中で描かれるアニメ制作の“あるある”や、登場人物たちの熱量に共感する声が届けられており、アニメや映像制作に興味を持っている人は特に必見だ。

「それぞれの立場で100%出し切る覚悟が表されていた。業界のどこから熱が生まれているかを考えるきっかけになりました」(声優・男性)
「アニメーションの現場の空気を体感できる」(脚本家・男性)
「同業の方々に是非とも見てもらいたい!」(アニメ業界関係者・男性)

綿密な取材によって、アニメ業界に携わる人々の“あるある”も多数盛り込んでいる
綿密な取材によって、アニメ業界に携わる人々の“あるある”も多数盛り込んでいる[c]2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

関連作品

  • ハケンアニメ!

    4.3
    559
    アニメ業界の制作現場を舞台に主人公達が奮闘する姿を描くお仕事ヒューマンドラマ