アヴちゃん、『犬王』に運命を感じた!津田健次郎は「湯浅ワールド全開」と完成作に驚き|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
アヴちゃん、『犬王』に運命を感じた!津田健次郎は「湯浅ワールド全開」と完成作に驚き

イベント 2022/5/28 17:19

アヴちゃん、『犬王』に運命を感じた!津田健次郎は「湯浅ワールド全開」と完成作に驚き

湯浅政明監督の最新作となるミュージカル・アニメーション『犬王』の初日舞台挨拶が5月28日に新宿バルト9で開催され、アヴちゃん(女王蜂)、森山未來、柄本佑、津田健次郎、湯浅監督が登壇。アヴちゃんが、演じた犬王に並々ならぬ愛情とシンパシーを寄せた。

【写真を見る】アヴちゃん、フォトセッションでノリノリ!次々とポーズを繰りだした
【写真を見る】アヴちゃん、フォトセッションでノリノリ!次々とポーズを繰りだした

謎に包まれた能楽師、犬王をモデルに、大胆な解釈でストーリーを紡いだ古川日出男の小説「平家物語 犬王の巻」(河出文庫刊)を基にアニメーション映画化した本作。異形の子として生まれた犬王(アヴちゃん)と、盲目の琵琶法師の友魚(森山未來)が出会い、伝統芸能の常識をぶち破るパフォーマンスを次々と披露していくさまを描く。湯浅監督は「室町時代にいた人をかえりみる映画。その人たちのことをたくさん知ってほしい」と本作に込めた思いを語り、「『室町、なめんなよ』という気持ちで作っていました」と室町時代を生きた人々の想像力や生き様に敬意を表していた。

アヴちゃん、犬王は「シンパシーも感じるんやけど、まだ一緒にいたいようなキャラクター」
アヴちゃん、犬王は「シンパシーも感じるんやけど、まだ一緒にいたいようなキャラクター」

犬王役のアヴちゃんは「試写を観た人から『犬王は、アヴちゃんじゃないとできなかったんじゃないか』という言葉をたくさんもらった」と犬王役のハマり具合を絶賛されたそうで、「私自身も運命を感じた。(オファーの際に)『主演で』と言われた時に、1分間くらい『大丈夫かな』と思ったけれど、未來氏が出ると聞いて、出ることを決めた。原作を読んで、私がやらなあかん役やと思った。自分のなかに新しい人格が一つ、明らかに生まれたよう」と役柄への並々ならぬ愛情を傾ける。


たくさんの刺激ももらったそうで、アヴちゃんは「男の子をまっとうしていたら、彼のように生きていたんじゃないかと思う」と告白しつつ、「シンパシーも感じるんやけど、まだ一緒にいたいようなキャラクター」としみじみ。「マイクがない時代の話。とにかく喉が終わるくらいの声を出して、毎回マイクを壊すぐらいの気持ちで“歌ケンカ”していました」と歌のシーンもパッションを爆発させたという。

盲目の琵琶法師の友魚を演じた森山未來
盲目の琵琶法師の友魚を演じた森山未來

犬王のバディとなる友魚を演じた森山は、「アヴちゃん演じる犬王、犬王演じるアヴちゃんに引っ張ってもらった」と笑顔。「友魚も犬王に惹かれて、エネルギーをもらって、パフォーマンスにつなげていくような存在だった。アヴちゃんが犬王をやるということがすごくおもしろいし、それだけで作品になるとわかっていたので、アヴちゃんとやれるだけでいいと思っていた。収録の時も、歌のシーンではアヴちゃんからいろいろとアドバイスをもらいながら一緒に収録できたので、その行為がそのまま友魚につながっていった」と役作りの要になったのは、アヴちゃんの存在だったと明かしていた。

能楽師であり、犬王の父を演じた津田健次郎
能楽師であり、犬王の父を演じた津田健次郎

能楽師であり、犬王の父である男を演じた津田は「キャラクターに関しては、言えないことばっかりや…」と思わず関西弁になりながら、ネタバレを気にして苦笑い。「表現者である人物なので、共感できるところもたくさんあった」と役柄へのシンパシーを吐露し、完成作を観て「湯浅ワールド全開という感じだった。『なるほど、こういう作品になりましたか』とすごいおもしろかった」と感激しきり。足利義満役の柄本は「雅な感じと、それだけじゃないヒリつかせるような感じ、そういった高低差のようなものを考えながら演じていました」と大役へのこだわりを語っていた。

バディを演じたアヴちゃん&森山未來、笑顔で仲良しトーク!
バディを演じたアヴちゃん&森山未來、笑顔で仲良しトーク!

またこの日は、民衆を熱狂させる能楽師を描く映画にちなみ、それぞれが「いま熱狂していること」を打ち明けるひと幕も。アヴちゃんは「小さいころから歯磨きに熱狂している。矯正をするようになってから、もっともっと歯磨き好きになった。歯磨き粉をいっぱい集めている」、森山は「神戸でアーティストレジデンス(アーティストが滞在できる施設)を立ち上げた。その運営に熱狂しています」、柄本は「出汁をとること」、津田は「昨日は能楽堂で朗読をした。今日は能楽をベースにした映画が公開されて、この2日間は僕のなかで“能楽フェス・ツーデイズ”と呼んでいる」とにっこり。柄本の出汁トークに興味津々だった湯浅監督は、「通販で買い物をした後に段ボールや発砲スチロールが出る。その発砲スチロールを裁断することに熱狂している」と話し、周囲を笑わせていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • 犬王

    3.9
    423
    古川日出男原作の「平家物語 犬王の巻」を湯浅政明監督が長編アニメとして映画化