壮大な最終決戦が描かれる『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』予告映像が解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
壮大な最終決戦が描かれる『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』予告映像が解禁!

映画ニュース 2022/6/2 7:00

壮大な最終決戦が描かれる『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』予告映像が解禁!

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めるシリーズ完結編『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』(6月24日公開)より、予告映像が解禁となった。

本シリーズは、全世界シリーズ累計8000万部を超える荒川弘の大ベストセラー漫画「鋼の錬金術師」を原作に、錬金術が存在する架空の世界を舞台にエド(山田)とアル(水石亜飛夢)の兄弟の物語を描くダークファンタジー。先日公開された『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』に続き『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』では原作の最終話までを描き、人間を超越した完全な存在になることを目論む最後の敵“お父様”とエドと仲間たちによる最終決戦が描かれる。新キャストとして、内野聖陽や新田真剣佑、舘ひろし、渡邊圭祐、黒島結菜、山本耕史、栗山千明、山田裕貴ら豪華俳優陣が名を連ねている。

そしてこのたび、現在公開中の『復讐者スカー』本編後に上映されている『最後の錬成』の予告映像が解禁に。エルリック兄弟の父親であり物語の鍵を握るヴァン・ホーエンハイム(内野)の「色欲(ラスト)、強欲(グリード)、怠惰(スロウス)、暴食(グラトニー)、嫉妬(エンヴィー)、憤怒(ラース)、傲慢(プライド)。七つの感情をホムンクルスとして切り離してますます人間から遠ざかっているぞ」という台詞からスタートし、不気味にもホーエンハイムと同じ見た目を持った最後の敵“お父様”が「私は人間になりたいわけではない。完全な存在になりたいのだ」と言い放ち、2人の間には不穏な雰囲気が漂う。

また映像では、主人公のエドをはじめ、ウィンリィ・ロックベル(本田翼)、ロイ・マスタング(ディーン・フジオカ)、リザ・ホークアイ(蓮佛美沙子)、エンヴィー(本郷奏多)、キング・ブラッドレイ(舘ひろし)、セリム・ブラッドレイ(寺田心)なども登場。さらに、山田がエドと青年時代のホーエンハイムを、内野がホーエンハイムと“フラスコの中の小人”と、それぞれが複数の役柄を演じ分けており、山田は「ホーエンハイムの青年時代を演じたときに、喋りのテンポは内野さんを参考にしました。また、内野さんのほくろの位置も参考に描かせて頂きました(笑)」と茶目っ気たっぷりに明かし、一方の内野も山田が演じる青年時代のホーエンハイムについて「私の若いころがこんなに色っぽくていいのかというくらい、魅力的でした」と語っている。


錬金術の禁忌とされる人体錬成により、失われた身体を取り戻そうとする兄弟が最後に出した答えとは?物語の壮大なラストをぜひ劇場で見届けてほしい!

文/富塚沙羅

関連作品