稀代のヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマーが明かす『トップガン マーヴェリック』を36年ぶりに“帰還”させた道のり|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
稀代のヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマーが明かす『トップガン マーヴェリック』を36年ぶりに“帰還”させた道のり

インタビュー 2022/6/17 12:00

稀代のヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマーが明かす『トップガン マーヴェリック』を36年ぶりに“帰還”させた道のり

公開されるや、瞬く間に世界中で興行ランキングのナンバーワンに躍り出て、北米ではトム・クルーズ主演作で歴代1位となるヒットを記録中の『トップガン マーヴェリック』(公開中)。海軍の若きエリートパイロット候補生、マーヴェリックの成長をドラマチックに描いて人気を博した『トップガン』(86)の実に36年ぶりの続編で、前作と同じくクルーズが主演を務めている。この新作のヒットは長い年月を経ても『トップガン』が広く愛されていることを、改めて証明したともいえよう。それにしても、36年という年月は、続編のスパンとしてはかなり長い。この間に、いったいなにがあったのか?前作に続いて製作の中心を担った、ハリウッドを代表するプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーに話を聞いた。

マーヴェリック(トム・クルーズ)が教官として、新世代のパイロットたちとともに新たなミッションに挑む
マーヴェリック(トム・クルーズ)が教官として、新世代のパイロットたちとともに新たなミッションに挑む[c]2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

「続編のロケハンを始めた矢先、トニー・スコットが亡くなってしまったんです」

1986年、トニー・スコットが監督を務めた『トップガン』は世界的なヒットを飛ばし、日本でも若い観客を引き付けて大ブームを引き起こす。劇中で主人公が着ていたMA-1ジャケットは人気ファッションアイテムとなり、ケニー・ロギンスやベルリンといった人気アーティストの楽曲をコンパイルしたサントラ盤も大ヒット、主演のクルーズは一躍、スーパースターの座に躍りでた。これほどのヒット作となると、すぐに続編が作られそうなものだが…。

「実は、前作のヒットの直後から続編の話は持ちあがっていたんです。だが、『トップガン』の予想外の大ヒットによって、スタッフも出演者も皆が忙しくなり、足並がそろわなくなってしまったんです」と、ブラッカイマーは振り返る。

世界的大ヒットを樹立し、トム・クルーズを一躍トップスターにした『トップガン』(86)
世界的大ヒットを樹立し、トム・クルーズを一躍トップスターにした『トップガン』(86)[c]Everett Collection/AFLO


この間にクルーズがスター街道を驀進し続けたのはご存知のとおり。監督のスコットも『トゥルー・ロマンス』(93)や『クリムゾン・タイド』(95)、『スパイ・ゲーム』(01)などを放ち、ヒットメーカーとして知られるようになっていた。具体的な続編のアイデアは、そのスコットから持ち込まれた。

「12年前に、トニーが続編の監督をしたいと申しでて、彼のアイデアに基づいて、脚本作りをしました。出来上がった脚本自体はベストとは言えませんでしたが、トニーと一緒にロケハンを始めました。ある週の金曜日にネバダに実在するトップガン養成所へ、トニーと一緒に足を運んだんです。しかし、その日曜日にトニーは逝ってしまいました」とブラッカイマーは述懐する。2012年、スコット監督は橋から落下して命を落とした。抗うつ剤を使用していたこともあり、死因は自殺とみられているが、これにより続編のプランは中止を余儀なくされる。

36年ぶりにスクリーンに帰還を果たした
36年ぶりにスクリーンに帰還を果たした[c]2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

「再び続編の製作が動きだしたのは5年前。ジョセフ(・コシンスキー監督)が持ってきた新たなストーリーのアイデアを見て、これはおもしろいと思ったんです」と語るブラッカイマー。コシンスキー監督は『オブリビオン』(13)ですでにクルーズと組んでいた。

「ジョセフと一緒に『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の撮影でパリに滞在していたトムの元に向かい、話を持ちかけた。ジョセフはストーリーを絵にした画帳を持って、熱心に説明した。トムも乗り気になって、『これは演じる俳優が、実際に戦闘機に乗らなければならない。リアルなものを撮りたい』と要望してきました。その段階で、すでに“どんな準備が役者に必要か?”ということまで話し合ったんです。そしてトムはその場で携帯電話を取りだし、パラマウント・ピクチャーズのトップに電話をかけて“『トップガン』の続編を作りたい”と伝えました」。

クルーズの要望通り、本作では俳優を実際に戦闘機コクピットに座らせ、可能な限りの飛行をさせ、その模様をカメラに収めた。『トップガン マーヴェリック』は確実に完成に向かっていく。

関連作品