神尾楓珠「恋がしたくなる映画」『恋は光』舞台挨拶で、西野七瀬&平祐奈&馬場ふみかと”好きな異性の仕草”も発表!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
神尾楓珠「恋がしたくなる映画」『恋は光』舞台挨拶で、西野七瀬&平祐奈&馬場ふみかと”好きな異性の仕草”も発表!

イベント 2022/6/18 14:45

神尾楓珠「恋がしたくなる映画」『恋は光』舞台挨拶で、西野七瀬&平祐奈&馬場ふみかと”好きな異性の仕草”も発表!

4人の大学生が「恋の定義」をめぐって大論争する映画『恋は光』(公開中)の公開記念舞台挨拶が18日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、神尾楓珠西野七瀬平祐奈馬場ふみか小林啓一監督が登壇し、恋にまつわるトークを繰り広げた。

【写真を見る】神尾演じる西条の幼なじみで、ずっと片想い中の北代を演じた西野七瀬
【写真を見る】神尾演じる西条の幼なじみで、ずっと片想い中の北代を演じた西野七瀬

本作に取り掛かってから4年近く経過していることに触れ、小林監督は「(映画を)“好き!”と言われるだけでうれしいです」と、公開初日からのSNSなどで語られるファンの感想をよろこんだ。撮影中に「恋についての発見」があったかと問われると神尾は、普段は恋についてあまり考えることがないと前置きし、「(映画では)感覚的に思っていることを言語化しているので“恋とはこういうことなんだな”という発見がありました」と振り返った。劇中のキャラクターが出す恋に対する答えに「なるほどと思った」と明かした西野は「恋の定義はひとそれぞれ。たとえ、対人でなく場所やもの、飼っているペットに対してもあるものだと思いました」と感想を伝えた。

自身が演じる西条に女性陣の「好き」ポイントがないことにしょんぼりする場面もあった
自身が演じる西条に女性陣の「好き」ポイントがないことにしょんぼりする場面もあった

「恋とはどんなもの?」と訊かれた神尾は「人生のモチベーション」と回答。恋をすると、仕事をより頑張ろうと思える、と「モチベーションの一つなのかな」と笑顔を浮かべた。撮影中にも、共演者と恋についてたくさん話したという平は「(馬場演じる)宿木の“好きになったらそれが恋”とセリフにしっくりきました」と共感ポイントをあげ、「恋とは?」の質問には「自分の見ている景色がピンク色に変わったりする感じ。景色の色が変わるものだと思います」という詩的な見解を披露。


隣で聞いていた小林監督が「うんうん」と深く頷きながら「すごくいいです」と褒める場面もあった。「恋とはなにか」と考えたことはなかったという馬場は「恋は本能的なもの」と思っていたとし、「私も、宿木が言っているように“好きって思ったら恋じゃん”と納得しました」と説明した。

肩甲骨をぎゅっと掴んで見せた
肩甲骨をぎゅっと掴んで見せた

イベントでは劇中に登場する「交換ノート」に書かれていた内容にまつわる質問も。神尾が「皆さんのプチ自慢はなんですか?」と質問すると、馬場は「肩甲骨を鷲掴みできます!」と答え、実際に背中の柔らかさを披露。大学で神職資格を取得したという平の回答には「プチでもなんでもない!」「すごい!」との声が飛び、この資格は神主になれるという情報を聞いた西野が「みんなで一緒に神社でおはらいをしてもらった時の所作が本当に綺麗でした。納得です!」と、有資格者らしい姿を目の当たりにしたことを明かしていた。

関連作品

  • 恋は光

    4.0
    509
    恋をしている女性が放っている光が見える男子大学生を描く秋★枝氏によるコミック「恋は光」を実写映画化
    U-NEXT