“国民の妹”と呼ばれる韓国の歌姫IUことイ・ジウン、是枝監督やソン・ガンホも唸らせた女優としての魅力 - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
“国民の妹”と呼ばれる韓国の歌姫IUことイ・ジウン、是枝監督やソン・ガンホも唸らせた女優としての魅力

コラム

“国民の妹”と呼ばれる韓国の歌姫IUことイ・ジウン、是枝監督やソン・ガンホも唸らせた女優としての魅力

『ベイビー・ブローカー』出演へとつながった傑作ドラマ「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん〜」

「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」では、親が残した借金を返すために心を殺して働く女性を演じた
「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」では、親が残した借金を返すために心を殺して働く女性を演じた[c] Netflix / courtesy Everett Collection

ベストドラマに挙げる人も多いほどウェルメイドなこの1作で、ジウンが演じたジアンは、これまでにない寡黙な役。過去の傷を背負って心を閉ざして生きていたが、人間的な職場の上司ドンフン(イ・ソンギュン)に徐々に心惹かれていく。セリフは少ないながらも心に響くジウンの演技は多くの人を魅了、是枝監督もその一人だ。

無愛想な女性の心の動きを繊細に体現したジウン(「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」)
無愛想な女性の心の動きを繊細に体現したジウン(「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」)[c] Netflix / courtesy Everett Collection

『誰も知らない』(04)、『歩いても 歩いても』(08)など多くの監督作でタッグを組んでいる撮影監督の山崎裕から本作を勧められたという是枝監督。「後半、ジウンさんが登場するシーンはずっと泣いているような状況で、この人しかいないと思って、オファーしました」と制作報告イベントでも語っており、本作が『ベイビー・ブローカー』のキャスティングへとつながっていく。

なお、『ベイビー・ブローカー』の助監督を務めた藤本信介曰く、是枝監督は韓国での撮影期間、街中で彼女のポスターを見かけるたびに写真を撮ってジウンのファンである山崎に送っていたそうだ。

イ・ジウン(IU)は、ペ・ドゥナには、出演に背中を押してもらったと語る(『ベイビー・ブローカー』)
イ・ジウン(IU)は、ペ・ドゥナには、出演に背中を押してもらったと語る(『ベイビー・ブローカー』)[c]2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

またジウンは、父親の恋人に嫉妬する大人と子どもの境界のようなキャラクターを演じ、新たな魅力を見せたNetflixオリジナルオムニバス映画『ペルソナ-仮面の下の素顔-』(19)で、父親の恋人役を演じたペ・ドゥナに、『ベイビー・ブローカー』への出演について相談し、背中を押してもらったという。

アドリブを交えて熱演した『ベイビー・ブローカー』での母親役

『ベイビー・ブローカー』は公開中
『ベイビー・ブローカー』は公開中[c]2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

そんな経緯から出演することになった『ベイビー・ブローカー』は、赤ちゃんポストに子どもを預けた母親と、預けられた子どもを売ることを裏稼業とする男たち、そして人身売買の証拠をつかみ現行犯で逮捕しようと彼らを追う刑事たちの思いが交差していく様子が綴られるヒューマンドラマ。

本作でジウンが演じたのは、赤ちゃんポストに我が子を預ける未婚の母ソヨン。ソヨンには子どもを育てられない事情があり、ベイビー・ブローカーのサンヒョン(ソン・ガンホ)とドンス(カン・ドンウォン)と共に赤ちゃんの育ての親を求めて旅に出る。

罵詈雑言を浴びせるなどイメージとは異なるようなやさぐれた姿を見せているジウン(『ベイビー・ブローカー』)
罵詈雑言を浴びせるなどイメージとは異なるようなやさぐれた姿を見せているジウン(『ベイビー・ブローカー』)[c]2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

複雑な想いを抱えるキャラクターを巧みに浮かび上がらせているジウン。例えば、旅の途中、ソヨンが口汚くまくし立てるシーンがあるが、もともとの台本よりも激しいスラングへとアレンジしたそうだ。

不機嫌に助手席を蹴るアドリブなど、ソン・ガンホ、カン・ドンウォンという名優と渡り合う姿を見せているジウン(『ベイビー・ブローカー』)
不機嫌に助手席を蹴るアドリブなど、ソン・ガンホ、カン・ドンウォンという名優と渡り合う姿を見せているジウン(『ベイビー・ブローカー』)[c]2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

またソン・ガンホによると、その後のシーンで車の後部座席に座ったソヨンが不機嫌極まって助手席を蹴るのもジウンのアドリブとのこと。ビクッとしたサンヒョンとドンスの姿は、素でビックリした2人なのだそうだ。

役者魂が光るソヨン役で世界的に注目を浴びるイ・ジウン。今後も「梨泰院クラス」のパク・ソジュンと共演を果たした映画『ドリーム』が控えるなど女優としての活躍からますます目が離せない。

文/成川 彩


是枝裕和監督初の韓国映画を多彩にレビュー!『ベイビー・ブローカー』特集【PR】


「#ベイビーブローカー見た」感想投稿キャンペーン【PR】
作品情報へ

関連作品

  • ベイビー・ブローカー

    4.0
    2874
    匿名で赤ちゃんを預ける“ベイビー・ボックス”を描いた、是枝裕和監督による初韓国映画
    Amazon Prime Video