京極義昭監督が告白、『映画 ゆるキャン△』大人になった物語を描いたワケ。花守ゆみり&東山奈央&原紗友里も初日迎え感無量!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
京極義昭監督が告白、『映画 ゆるキャン△』大人になった物語を描いたワケ。花守ゆみり&東山奈央&原紗友里も初日迎え感無量!

イベント 2022/7/2 22:00

京極義昭監督が告白、『映画 ゆるキャン△』大人になった物語を描いたワケ。花守ゆみり&東山奈央&原紗友里も初日迎え感無量!

あfろ原作のテレビアニメを映画化した『映画 ゆるキャン△』の初日舞台挨拶が7月1日に丸の内ピカデリーで開催され、花守ゆみり東山奈央原紗友里京極義昭監督が登壇した。

【写真を見る】花守ゆみり&東山奈央&原紗友里が登壇!舞台挨拶の様子
【写真を見る】花守ゆみり&東山奈央&原紗友里が登壇!舞台挨拶の様子

劇場版で描かれるのは、原作者のあfろ監修による完全オリジナルストーリー。高校時代にキャンプを通じて関係を育んでいった、なでしこ、リン、千明、あおい、斉藤。時を経てそれぞれの道を歩んだ5人が、とあるきっかけでキャンプ場を作ることになる。京極監督は「無事に今日を迎えられてホッとしています。作っていく過程で想定していた以上に尺が伸びていって。だいぶスケジュールも押してしまったんですが、スタッフ、キャストの皆さんのおかげでいい映像にすることができた」と感無量の面持ちを見せていた。

各務原なでしこ役の花守ゆみり
各務原なでしこ役の花守ゆみり

高校生だった5人の大人になった姿が描かれるが、各務原なでしこ役の花守は「詰め込みたいものをたくさん詰め込んでいただいた。資料やストーリーを読ませていただいた時から、私たちも全力で応えたいという気持ちでいっぱいでした。とにかくお届けできることがうれしい」としみじみ。志摩リン役の東山は「発表になったビジュアルを見た時に『大人になっている!』と思って、すごく衝撃的で。皆さんもびっくりされたと思う」と驚きもあったというが、「台本を読んで、みんなが観たい『ゆるキャン△』がここに詰まっているな、しかも『ゆるキャン△』でなければ描けない、映画でなければ描けない物語になっているなと思った。最強の『ゆるキャン△』を観ていただきたい」と力強くアピール。大垣千明役の原は「試写で観させていただいて、『よかった』と非常に盛り上がった。ネタバレは禁止だとずっと言われてきたので、やっと皆さんと共有できることがうれしい」とそれぞれが初日を迎えた感慨を語っていた。


志摩リン役の役の東山奈央
志摩リン役の役の東山奈央

大人になった物語を描いた理由について、京極監督はこう語った。「『映画はオリジナルで考えてみよう』という話になって。テレビアニメ第一期の最終話で、なでしこの妄想シーンとして大人になった5人の姿というのがあった。僕らも作っていておもしろかったし、この5人をもうちょっと見たいという気持ちになった」という。

関連作品

  • 映画 ゆるキャン△

    4.6
    2746
    キャンプブームを巻き起こした人気テレビアニメのキャラたちが大人になった姿を描いた劇場版