永野芽郁が“怪物”と称した戸田恵梨香の変貌とは?湊かなえ原作『母性』特別映像解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
永野芽郁が“怪物”と称した戸田恵梨香の変貌とは?湊かなえ原作『母性』特別映像解禁!

映画ニュース

永野芽郁が“怪物”と称した戸田恵梨香の変貌とは?湊かなえ原作『母性』特別映像解禁!

第41回バンクーバー国際映画祭の正式招待作品としてワールドプレミア、ガラ・セレクション部門作品として第35回東京国際映画祭でジャパンプレミアされ、注目を集めている湊かなえ原作映画『母性』(11月23日公開)。このたび、主演の戸田恵梨香と永野芽郁の言葉と本編シーンを交えた特別映像が解禁となった。

【写真を見る】主演の戸田恵梨香と永野芽郁は口を揃えて「(演じるのが)難しい作品」と語る特別映像解禁
【写真を見る】主演の戸田恵梨香と永野芽郁は口を揃えて「(演じるのが)難しい作品」と語る特別映像解禁[c]2022映画「母性」製作委員会

本作は、大ヒット作「告白」など数々の傑作を生み出してきたベストセラー小説家、湊かなえが「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」と語った渾身の一作、累計発行部数120万部の「母性」を映画化するもの。娘を愛せない母、ルミ子を戸田、母に愛されたい娘、清佳を永野が演じ、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオらが脇を固めている。

今回解禁された特別映像は、ともにNHK連続テレビ小説で主演を務めた実力と経験を持ち合わせる戸田と永野が、口を揃えて「(演じるのが)難しい作品」と語る言葉から始まるもの。戸田は「ほとんどのキャストの方が、試行錯誤しながら、悩みながら進めていた」と舞台裏を明かしており、永野は「一つのセリフについて、戸田さんに相談をさせてもらっていた」と振り返った。また、原作者の湊と監督の廣木隆一が登壇した第41回バンクーバー国際映画祭でのワールドプレミアの模様も映し出されており、湊が「完成した作品を観た時に鳥肌が立ちました!(原作を)読み返すと戸田恵梨香さんの顔しか浮かばなくなるくらい、私の中のルミ子は戸田恵梨香さんになりました」と絶賛する様子も挿入されている。


戸田が思い悩みながらたどり着いた新境地とはどのような演技なのだろうか?原作者のみならず国境を超えて多くの人々の心を打った本作の公開を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ

作品情報へ

関連作品

  • 母性

    3.8
    3308
    娘の自殺をきっかけに“母と娘”を巡る物語が展開していく湊かなえの同名小説の映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix