岡田准一&綾野剛共演!大ヒット韓国映画『最後まで行く』を藤井道人監督がリメイク|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
岡田准一&綾野剛共演!大ヒット韓国映画『最後まで行く』を藤井道人監督がリメイク

映画ニュース

岡田准一&綾野剛共演!大ヒット韓国映画『最後まで行く』を藤井道人監督がリメイク

韓国で大ヒットしたクライムサスペンスを藤井道人監督の手によってリメイクする『最後まで行く』が2023年5月19日(金)に公開されることが決定。このたび、岡田准一が主演し、綾野剛と初共演することが明らかとなり、あわせてキャスト、スタッフによるコメントも解禁となった。

一つの事故をきっかけに極限まで追い詰められていく刑事を描き、韓国で5週連続1位、観客動員345万人の大ヒットを記録した『最後まで行く』(15)をリメイクする本作。『新聞記者』(20)で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、その後も次々と話題作を発表している現在注目の若手監督である藤井がメガホンをとり、脚本に平田研也を迎え、日本ならではの大胆なアレンジでリメイクする。『追憶』(17)、『ザ・ファブル』(19)、『燃えよ剣』(21)など、高い演技力で知られる岡田が主人公の刑事、工藤役で、藤井監督と初タッグをはたし、綾野が工藤を追う冷徹な監察官、矢崎役で共演する。

岡田はこれまでの撮影を振り返り「藤井監督とスタッフ、そして綾野剛さんと過ごした撮影期間は、ものづくりの情熱に震える最高の時間でした」と手応えをコメント。また、綾野は「嵐のように変化を恐れないこの組の熱意は、総合芸術である事の大切さをいつも更新させてくれます」と藤井組への思いを改めて語った。さらに、藤井監督は「小学生の時から憧れだった岡田准一さんとの仕事は、自分にとって忘れられない最高にエキサイティングな時間でした」と岡田に対してコメントしている。

既に2022年1〜2月に撮影を行っており、今年の年末にも敢行予定だという。注目の監督と、岡田、綾野のタッグはどのような化学反応を起こすのか?『最後まで行く』の公開を楽しみに待ちたい。

関連作品