2023年公開『BLUE GIANT』主人公、宮本大役に山田裕貴!メイン3名の声優&本予告映像が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
2023年公開『BLUE GIANT』主人公、宮本大役に山田裕貴!メイン3名の声優&本予告映像が解禁

映画ニュース

2023年公開『BLUE GIANT』主人公、宮本大役に山田裕貴!メイン3名の声優&本予告映像が解禁

シリーズ累計900万部を突破した石塚真一による同名漫画を原作とするアニメーション映画『BLUE GIANT』(2023年2月17日公開)。本作より、ジャズトリオ“JASS”のメンバーの声優を山田裕貴、間宮祥太朗、岡山天音が務めることが明らかとなり、あわせて本予告映像と本ビジュアルが解禁となった。

【写真を見る】音が伝わってくるような本ビジュアル
【写真を見る】音が伝わってくるような本ビジュアル[c]2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会 [c]2013 石塚真一/小学館

ジャズに心を奪われ、テナーサックスを始めた高校生の宮本大は、卒業を機にジャズのため上京する。高校の同級生だった玉田俊二のアパートに転がり込んだ大は、ある日訪れたライブハウスで凄腕のピアニストである沢辺雪祈と出会う。聴くものを圧倒させるサックスの大、そんな彼のサックスに魅了されたピアニストの雪祈、ドラムへの情熱に目覚めた玉田の3人はジャズトリオを組むことに。日本のジャズシーンを変えることを目標に掲げた3人が情熱の限りを音楽に注ぎ成長していく姿を描く。

今回解禁となったのは、“JASS”の声を担当するキャスト陣。ジャズに魅せられ、ジャズの道を進むことを決める主人公、大の声を務めるのは、かねてから原作の大ファンであることを公言していた山田。山田は以前自身のSNSに「ドカンと心打たれて揺るがされる。登場人物たちの言葉も最高」と台詞に共感したことを明かし、絶賛していた。そんな作品の主人公の声を務めることに対し「音楽の作品に、自分の音…声を入れるわけです。ものすごいプレッシャーでした」とコメント。また、「原作でも映画の台本でもアフレコでも涙する」、「魂を、音を込めました」などと本作への熱い思いを語る。

『破戒』(22)の間宮は、幼いころよりジャズに向きあってきた凄腕のピアニストである雪祈の声を担当。「ジャズの熱、ジャズに生きる若者たちの熱、その熱が人に波状していく様、そういったエネルギーに圧倒される映画になるのでは」と多くの読者を魅了した原作が映画化することへの期待のコメントを寄せた。また、大の情熱に感化され、ドラムを始めることになる玉田を『沈黙のパレード』(22)の岡山が担当。岡山は「大の生き様は作品の受け手である僕自身の既成概念をも破壊してくれます。それは、大がサックスに向ける視線に魅せられた玉田とも通ずる部分かもしれません」と自身が演じた俊二と重なる部分があると話す。

あわせて解禁された本予告は、サックスで世界一を目指す主人公の大と、のちに大とジャズトリオを組むこととなるピアノの雪祈とドラムの玉田の3人が中心に描かれ、仙台から「世界一のジャズプレーヤーになる」という夢を追った大が上京するところから始まる。さらにピアニストとして超越した腕前を持つ雪祈との出会いや、大の高校の同級生である玉田がドラムへの情熱に目覚める姿、そして3人でステージに挑む姿も。3人が様々な挫折や葛藤を抱えながらも、夢に向かう姿が、音楽を担当したピアノの上原ひろみ、サックスの馬場智章、ドラムの石若駿の演奏するサウンドに乗ったことで、こちらにまで響いてくる迫力ある映像となっている。

また、本ビジュアルは、“JASS”の3人が演奏する姿が切り取られ、 中心にいる大は周りの空気を震わせるほどの熱気と激しい演奏をしていることを感じさせる。また、雪祈と玉田の表情からも、最高の演奏に没頭してジャズと向き合い楽しんでいる様子が伺え、音が聞こえてくるかのような迫力のあるビジュアルとなっている。


ジャズに青春と情熱を注ぐジャズトリオ“JASS”のメンバーたち。彼らの全力をかけたジャズの演奏をぜひ劇場で感じたい!

作品情報へ

関連作品

  • BLUE GIANT

    4.5
    2760
    ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す石塚真一の同名漫画をアニメ映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu