上映禁止の劇場も!清水崇監督最新作『ミンナのウタ』から怖すぎると話題の特別映像がついに解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
上映禁止の劇場も!清水崇監督最新作『ミンナのウタ』から怖すぎると話題の特別映像がついに解禁

映画ニュース

上映禁止の劇場も!清水崇監督最新作『ミンナのウタ』から怖すぎると話題の特別映像がついに解禁

大ヒットの「呪怨」シリーズ、『犬鳴村』(21)などの「村シリーズ」の清水崇監督の最新作『ミンナのウタ』が、8月11日(金)より公開となる。このたび本作より、新たに特別映像が公開となった。

今回新たに公開された映像は、GWより全国の一部映画館で上映前に流れている幕間映像となっている。「怖すぎる」という反響から、一部劇場のファミリー向け映画では上映禁止の劇場も出ているもので、SNSでも恐怖の声を集めていた映像がついに公開となった。そんなトラウマ級のヤバい映像は、薄暗い廊下にひとり佇む男性のカットから始まる。背後に不気味な気配を感じた男性がゆっくり振り返ると、そこにはひとりの少年がじっとこちらを見ている。するとどこからか、カセットテープに“命が消える音”を集めている謎の女子中学生、さなが奏でる呪いのメロディーが流れだし、少年が全速力で駆けだし男性に飛びかかってくる。一瞬にして硬直する男性の背中が、その恐怖を物語っており、この後彼にどのような恐怖が襲いかかるのか、好奇心がそそられるものとなっている。

本作はいまだ主要キャストが解禁されておらず、謎に包まれている。先日、清水崇監督が出したコメントのなかでは「さて、ところで本作の主演はどんな方でしょう?ヒント:ここ最近、僕の映画では、アーティスト出身の方が主演での作品づくりが続いています。しかもなぜか、テレビのあるバラエティ番組で怖がらせた方が続いており…」と匂わせる発言がなされていた。”呪いのメロディー”の連鎖の先にある、思わぬ恐怖に巻き込まれてしまう人物とは一体誰なのか?すでに解禁されたティザービジュアルや、特報映像のキャスト、スタッフ表記部分にも断片的な手がかりがあるので、ぜひ確認してほしい。


この夏、貞子、伽耶子に次ぐ、最狂ホラークイーン“さな”はどのような恐怖を劇場にもたらすのだろうか?謎に包まれた本作の続報を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ



さなの呪いを解くカギを追え!『ミンナのウタ』特集【PR】
作品情報へ

関連作品

  • ミンナのウタ

    3.7
    813
    一本のカセットテープを発端にGENERATIONSのメンバーが怪奇現象に巻き込まれていくホラー
    U-NEXT