『忌怪島/きかいじま』が南米最大のファンタ映画祭で2冠達成!祷キララと清水崇監督が喜びのコメント|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『忌怪島/きかいじま』が南米最大のファンタ映画祭で2冠達成!祷キララと清水崇監督が喜びのコメント

映画ニュース

『忌怪島/きかいじま』が南米最大のファンタ映画祭で2冠達成!祷キララと清水崇監督が喜びのコメント

なにわ男子の西畑大吾が主演を務め、「呪怨」シリーズや「恐怖の村」シリーズの清水崇監督がメガホンをとった『忌怪島/きかいじま』(6月16日公開)。このたび本作が、南米最大のファンタ映画祭として知られる第19回ポルト・アレグレ国際ファンタスティック映画祭に出品され「最優秀悪役賞」を受賞した。

ファンタスティックとポルト・アレグレの省略語“ポア”を合わせた“ファンタスポア”の通称で世界中の映画ファンから親しまれているポルト・アレグレ国際ファンタスティック映画祭。今年で19回目を迎えた同映画祭は、現地時間4月13日から4月30日まで開催され、世界各国から選りすぐられた172作品が上映。ブラジルや世界各国から70人以上の映画関係者が招待された。


【写真を見る】清水崇監督は生涯功労賞も獲得!現地では映画祭初まって以来の大盛況に
【写真を見る】清水崇監督は生涯功労賞も獲得!現地では映画祭初まって以来の大盛況に[c] 2023「忌怪島/きかいじま」製作委員会

『忌怪島/きかいじま』の上映時には、清水監督の代表作である『呪怨』(03)も併せて上映され、チケットは完売。さらにファンタスポアの歴史上初めて、エンドロールおよび上映後のQ&Aが終わるまで誰一人として退席しない大盛況で迎えられた。そして劇中に登場する最強のタブー“イマジョ”が栄えある「最優秀悪役賞」を獲得。同役を演じた祷キララは、「イマジョはこの映画の裏の主役。最優秀悪役賞の受賞、とてもうれしく光栄に思います」とコメントを寄せている。

また同映画祭で「キャリアアワード(生涯功労賞)」も獲得した清水監督は「苦悶を体現し、疲弊しながら演じてくれた祷キララちゃんの魂に感謝しつつも、なにかの禁忌を解いてしまったようで恐ろしい…」と祷の熱演を絶賛。現地の観客からも熱狂的な支持を集めた本作。日本での公開が待ちきれない!


“赤い女”の正体に迫る!『忌怪島/きかいじま』特集【PR】

関連作品

  • 忌怪島/きかいじま

    3.4
    2030
    VR研究チームに次々と降りかかる不可解な死と謎が現実と仮想世界の間で描かれる
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix
  • 呪怨

    3.2
    0
    新鋭・清水崇監督による超絶ホラー
    U-NEXT Hulu