岡山天音主演、滝本憲吾監督作『笑いのカイブツ』公開日決定!追加キャストに仲野太賀、菅田将暉らが決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
岡山天音主演、滝本憲吾監督作『笑いのカイブツ』公開日決定!追加キャストに仲野太賀、菅田将暉らが決定

映画ニュース

岡山天音主演、滝本憲吾監督作『笑いのカイブツ』公開日決定!追加キャストに仲野太賀、菅田将暉らが決定

岡山天音が主演を、滝本憲吾が監督を務める『笑いのカイブツ』の公開日が2024年1月5日(金)に決定。あわせて、追加キャストとコメント、場面写真が解禁となった。

【写真を見る】主人公のツチヤが、机や壁にネタ書き込まれたメモが散乱した自室でネタを考えている姿が写された場面写真が到着
【写真を見る】主人公のツチヤが、机や壁にネタ書き込まれたメモが散乱した自室でネタを考えている姿が写された場面写真が到着 [c]2023「笑いのカイブツ」製作委員会

15歳から6年もの間、一心不乱に大喜利番組に投稿し続けたツチヤタカユキ(岡山)を主人公にした本作。ツチヤは念願かなってお笑い劇場の作家見習いに。しかし、純粋に笑いだけを追求するだけでは生きていけない大人の社会に負けてしまう。その後、ラジオ番組への投稿が注目を集め“伝説のハガキ職人”となったツチヤは、尊敬する芸人から声をかけられ大阪から上京。もがきながらも「笑い」に人生を捧げる不器用すぎるツチヤと、その熱量に突き動かされていく人たちのドラマが描かれる。

今回、解禁された場面写真には、主人公のツチヤが、自分の部屋でネタを考えている姿が切り取られている。机や壁にはネタがびっしりと書き込まれたメモが散乱しており、狂気的なまでにネタを生みだし続ける主人公を表す印象的なカットとなった。

また、物語を豊かに彩る追加キャスト6名も解禁。ツチヤの才能を見出し、東京へと呼び寄せる人気芸人ベーコンズの西寺役に仲野。大阪で出会い、全く異なる境遇ながらツチヤと意気投合するキーパーソンのピンク役を菅田、ヒロインのミカコ役を松本穂香と、主演の岡山と同世代の実力派俳優が集結。さらに、ツチヤのおかん役に片岡礼子、べーコンズが出演する人気ラジオ番組の放送作家、氏家役に前原滉、べーコンズ西寺の相方である水木役に板橋駿谷が決定。圧倒の人間ドラマでありながら、まるで劇場で観覧しているかのような西寺(仲野)と水木(板橋)の臨場感ある漫才シーンにも注目だ。

西寺を演じる仲野は本作に関して「完成作を観ながら、現場の情熱がバシバシ映像から伝わってきて嬉しくなりました。滝本監督のパワフルで繊細な演出が楽しくて、毎日現場に行くのが喜びでした」と撮影を振り返った。また、ピンク役の菅田は「僕自身ラジオリスナーに救われた事が何度もあるので、その凄みが映画になること、嬉しく思います」とコメント。松本は「目の前で生きるツチヤタカユキのパワーが凄まじく、私は何度も喰らいまくりました。やっぱり天音さんは人間を演じる天才です。生きることのおかしみや愛しさを、ただその場にいるだけで表現できてしまう」とツチヤを演じた岡山を絶賛した。


笑いに人生を捧げるツチヤタカユキにはどのような運命が待ち受けているのだろうか?狂うほどに笑いに向き合った1人のハガキ職人のドラマをぜひ劇場で目撃したい。

作品情報へ

関連作品

  • 笑いのカイブツ

    3.6
    852
    「伝説のハガキ職人」と言われたツチヤタカユキによる私小説を岡山天音主演で映画化