波乱を予感させる特報も到着!『身代わり忠臣蔵』新たに川口春奈、林遣都、北村一輝、柄本明が参戦|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
波乱を予感させる特報も到着!『身代わり忠臣蔵』新たに川口春奈、林遣都、北村一輝、柄本明が参戦

映画ニュース

波乱を予感させる特報も到着!『身代わり忠臣蔵』新たに川口春奈、林遣都、北村一輝、柄本明が参戦

日本中で愛される時代劇「忠臣蔵」をベースに“身代わり”という斬新なアイデアが加わり生みだされた、土橋章宏の小説を映画化する『身代わり忠臣蔵』が2024年2月9日(金)に公開する。このたび、追加キャストとして川口春奈、林遣都、北村一輝、柄本明の出演が決定。あわせて特報映像が解禁となった。

大石内蔵助率いる忠義の赤穂浪士たちが、亡き殿、浅野内匠頭の仇である吉良上野介への討入を成し遂げ、見事な最後を迎える姿に胸を熱くした人も少なくない「忠臣蔵」。今回新たな登場人物とともに、令和の時代に蘇る。『超高速!参勤交代』(14)や『引っ越し大名!』(19)を生んだ、原作者でもある土橋を脚本に迎え、『総理の夫』(21)、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦』(21)の河合勇人が監督を勤める。また、主人公の吉良孝証とその兄の吉良上野介を演じるのはムロツヨシ。そして、ムロとは20年ぶりの映画での共演となる、永山瑛太が大石内蔵助として参戦する。

新たに出演が決まったのは4名。吉良邸に仕える侍女、桔梗役には、大河ドラマ「麒麟がくる」で時代劇に初挑戦した川口。孝証に“身代わり”を持ちかけ、奔走する吉良家家老、斎藤役に、ドラマ「初恋の悪魔」、映画『犬部!』(21)、 『恋する寄生虫』(21)などの林。さらに、五代将軍、徳川綱吉役を北村、徳川家の側用人、柳沢役を柄本が演じる。

あわせて解禁となった特報の冒頭では、嫌われ者の旗本、吉良上野介が城内で恨みを募らせた赤穂藩主に斬りつけられる、あの有名な“松の廊下事件”が描かれている。斎藤が、貧乏坊主である孝証へ「殿に化けて、吉良家をお守り下さい!」と“殿の身代わり”を懇願、得意げな孝証が「やってやるか!」と啖呵を切ったところから、世紀の身代わりミッションが始まる。「エイエイオー!」と号令を上げる赤穂浪士たちを率いる大石内蔵助、優しい表情でうなずく桔梗、お尻を叩かれ悶絶?する斎藤、あやしく眉を動かす徳川綱吉のカットが続き、柳沢より「お主、まことに吉良殿であるか…?」と疑われ、顔が硬直する孝証。バレたら打ち首、よくても切腹に向かう大芝居の幕が開く。


あわせて到着した新規ビジュアルでは、登場人物たちが口元に人差し指を添えた“内緒ポーズ”で登場。絶対に“身代わり”はバレてはならない。そんな“内緒ポーズ”ビジュアルが完成した。忠臣蔵が好きな人も、忠臣蔵を知らない人も楽しめる、痛快時代劇エンタテインメント『身代わり忠臣蔵』。本作の続報に引き続きご注目していきたい。

作品情報へ

関連作品

  • 身代わり忠臣蔵

    4.2
    1266
    土橋章宏の同名小説をムロツヨシ主演で映画化した時代劇エンタテインメント