『身代わり忠臣蔵』寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏ら追加キャスト公開!完全ビジュアルも|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『身代わり忠臣蔵』寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏ら追加キャスト公開!完全ビジュアルも

映画ニュース

『身代わり忠臣蔵』寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏ら追加キャスト公開!完全ビジュアルも

日本中で愛される時代劇「忠臣蔵」をベースに“身代わり”という斬新なアイディアを加えた土橋章宏の同名小説の実写映画化する『身代わり忠臣蔵』(2024年2月9日公開)。このたび、本作より寛一郎、本多力、板垣瑞生、橋本マナミ、加藤小夏ら追加キャストが解禁となった。

ベースとなる時代劇「忠臣蔵」は大石内蔵助率いる忠義の赤穂浪士たちが、亡き殿、浅野内匠頭の仇である吉良上野介への討入を成し遂げ、見事な最後を迎えるという国民的作品。原作者にして、『超高速!参勤交代』(14)や『引っ越し大名!』(19)を生み出した時代劇ヒットメーカー、土橋が脚本を担当し、『総理の夫』(21)、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦』(19)の河合勇人が監督を務め、国民的時代劇を新たな登場人物とともに、令和の時代に蘇らせた。主人公の吉良孝証とその兄、吉良上野介役をムロツヨシが務め、相手役の大石内蔵助を永山瑛太が演じる。

今回、新たに解禁されたのはムロが2役を演じる吉良家に忠誠を誓う家臣たちと、遊郭の遊女たちを演じるキャスト陣。吉良家内でも随一の剣客である清水一学役を務めるのは、若手実力派俳優の寛一郎。血気盛んで刀を抜かずにはいられない性分で、頭のネジが少々ぶっ飛んでいる役どころだ。また、吉良家の門番を務める家臣、堀江半右衛門を本多、妻と息子を愛する心優しいイクメンの加藤太右衛門を板垣が演じる。さらに、吉良孝証と大石が偶然再会するきっかけとなる江戸随一の遊郭、吉原で登場する、花魁の高尾太夫を橋本、春凪を加藤が演じる。

追加キャスト解禁を受け、口元に人差し指を添えた“内緒ポーズ”の完全ビジュアルも到着した。一癖も二癖もあるユニークな家臣たちと、華やかな装いの遊女たちの表情もあらわに。ついにメインキャスト全員が集結し、幕府を騙し抜く命懸けの“身代わりミッション”に期待が高まる1枚となった。


吉良家が仕掛ける世紀の大芝居にはどのような結末が待ち受けているのだろうか?本作の続報を今後も楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ

作品情報へ

関連作品

  • 身代わり忠臣蔵

    4.2
    1292
    土橋章宏の同名小説をムロツヨシ主演で映画化した時代劇エンタテインメント