菜々緒、初のプロファイラー役に挑戦!撮影時のメイクは自分で?ビジュアルづくりは「役へと切り替わるスイッチ」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
菜々緒、初のプロファイラー役に挑戦!撮影時のメイクは自分で?ビジュアルづくりは「役へと切り替わるスイッチ」

インタビュー

菜々緒、初のプロファイラー役に挑戦!撮影時のメイクは自分で?ビジュアルづくりは「役へと切り替わるスイッチ」

12月1日(金)に公開される映画『怪物の木こり』で、狂気をはらんだ芝居を見せる菜々緒。第17回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した倉井眉介による同名小説を映画化した本作は、サイコパスvs連続殺人鬼を描く超刺激サスペンスだ。鬼才、三池崇史監督が、主人公であるサイコパス弁護士、二宮彰を演じる亀梨和也とタッグを組む。

サイコパスvs連続殺人鬼を描く
サイコパスvs連続殺人鬼を描く[c]2023「怪物の木こり」製作委員会

「『怪物の木こり』は追う者と追われる者が、どんどん入れ替わっていく、先読みのできない作品」

菜々緒が扮するのは、凶器の斧で脳を奪い去る猟奇殺人事件を追い、怪物に襲われた二宮に目をつけ、次第に暴走していく警視庁の天才プロファイラー、戸城嵐子。狂気ともいえる執念と執着で事件の真相を突き止めようとする、本作のキーパーソンだ。菜々緒は、本作の新しさについてこう語る。

「サイコパスを扱う映画はたくさんありますが、連続殺人鬼とサイコパスが対峙する点が新しいと思いました。そして戸城が事件を追っていくんですが、追う者と追われる者が、どんどん入れ替わっていく、先読みのできない作品です」。

捜査本部で孤立しながらも、連続殺人事件を追う警視庁のプロファイラー、戸城嵐子(菜々緒)
捜査本部で孤立しながらも、連続殺人事件を追う警視庁のプロファイラー、戸城嵐子(菜々緒)[c]2023「怪物の木こり」製作委員会

戸城というキャラクターについて「ある種の狂気じみた部分や、サイコパス的なところを取り入れてほしい」と、三池監督から要望があったという。戸城のなかにある“狂気”について菜々緒は、作中で明かされる戸城のある過去が、彼女の生き方に大きく影響しているのではと考えた。

「彼女が経験したある過去が、犯罪者への執念というか執着となって、彼女の性格の全面に表れていると思います。その結果、プロファイラーという特殊な職業に就いて犯人を追う、さらには犯人の人生を追うという選択に至ったんじゃないかと。それが(戸城)嵐子だと捉えました」。

「衣装やヘアメイクは、自分がキャラクターを作っていくうえで、すごく大事な要素」

役のビジュアルも大事なポイントとしてとらえている
役のビジュアルも大事なポイントとしてとらえている撮影/興梠真帆


戸城もまた、どこか“普通ではない”印象を与えるキャラクター。それは、言動はもちろん醸しだす空気や見た目の影響も大きい。そうした戸城のビジュアル面については今回、監督とヘアメイクの意向が大きく反映されたという。

「髪も手ぐしで整えたぐらいで、なぜか伊達メガネをかけているんです。男性っぽいブルーのストライプスーツを着て、中敷きをたくさん入れてまで男性用の靴を履いている。それなのに、ストッキングを履いているんです。不思議なスタイルですけど、それはきっと彼女が無頓着すぎるところを表現しているのかなと。そうした考え方が、戸城のビジュアルに反映されていると思います」。

菜々緒が演じる戸城嵐子の衣装は男性物もたくさん使っているという
菜々緒が演じる戸城嵐子の衣装は男性物もたくさん使っているという[c]2023「怪物の木こり」製作委員会

役に入る時、ビジュアルは重視するポイントであるという。

「映像作品においては視覚的情報が占める割合は大きいと思うので、視聴者に与えるインパクトや印象をすごく大事にしています。私は撮影の時も自分でメイクをするんですけど、今回は眉毛を書いてアイシャドウを塗って、アイラインを引いているだけ。あえて“美”にまったくこだわりがないというメイクをしています」。

メイクや衣装にこだわり、役のビジュアルやイメージをしっかりと作り込むことで、役に入っていける感覚もあるという。

「ある意味、役へと切り替わるスイッチになっているんじゃないかなって思います。衣装を着てビジュアルを作り込むことで、現場に立った時やキャストの皆さんと対峙した時に、グッと世界観に入っていける。衣装やヘアメイクは、自分がキャラクターを作っていくうえで、すごく大事な要素ですね」。

ヤバいサイコパスの狂気を体感せよ!『怪物の木こり』特集【PR】

『怪物の木こり』公開記念"サイコパス"キャラ診断テスト【PR】
作品情報へ

関連作品

  • 怪物の木こり

    3.9
    2288
    斧で脳を奪い去る猟奇殺人犯に狙われたサイコパスの弁護士が追い追われを繰り返すサスペンス