土屋太鳳&佐久間大介『マッチング』公開日が2024年2月23日に!本予告映像&主題歌も|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
土屋太鳳&佐久間大介『マッチング』公開日が2024年2月23日に!本予告映像&主題歌も

映画ニュース

土屋太鳳&佐久間大介『マッチング』公開日が2024年2月23日に!本予告映像&主題歌も

土屋太鳳が主演を務め、実写映画単独出演となるSnow Manの佐久間大介が共演するサスペンススリラー『マッチング』の公開日が2024年2月23日(金・祝)に決定。さらに本予告映像も解禁され、Aimerの新曲「800(エイトハンドレッド)」が本作の主題歌となることも発表された。

【写真を見る】歌手のAimerが主題歌に新曲「800(エイトハンドレッド)」を提供
【写真を見る】歌手のAimerが主題歌に新曲「800(エイトハンドレッド)」を提供[c]2024『マッチング』製作委員会

本作はNetflixオリジナルドラマ「全裸監督」や映画『ミッドナイトスワン』(20)などの作品で知られる内田英治が原作、脚本、監督を手がける新感覚サスペンス・スリラー。マッチングアプリをモチーフに、出会いの裏に仕掛けられた恐怖を完全オリジナルのストーリーで活写する。主演の土屋が演じるのはウェディングプランナーとして仕事は充実しながらも恋愛音痴な主人公、輪花。そんな彼女とアプリでマッチングする“狂気のストーカー”永山吐夢を佐久間が演じる。また輪花に想いを寄せるマッチングアプリ運営会社のプログラマー影山剛に金子ノブアキが扮するほか、杉本哲太、片山萌美、真飛聖、後藤剛範、片岡礼子、斉藤由貴ら実力派俳優がキャスティングされている。

このたび解禁されたのは本作の本予告映像。“スワイプして出会った人のことを本当に知っていますか?”という問いかけから始まると、輪花が同僚に勧められて始めたマッチングアプリで出会った相手は、あちこちのアプリでトラブルを起こしているというストーカー吐夢であることが明かされる。「次、いつ会えますか?」と止まらないメッセ―ジや「僕は恋愛が苦手なんです、だからいつもこじれる」と吐夢から絡まれ困惑する輪花を「僕が守ります」と優しく見つめる影山。しかし、時を同じくして起こったアプリ婚カップルの連続殺人事件を捜査する刑事の動きも映しだされるなど、輪花に徐々に忍び寄っていく不穏な空気が描かれる。そして、Aimerの歌声とともに映像が一気に加速すると“どんな人間にもいくつもの顔がある”、“あの男には近づかない方がいい”、”私はなにも知らなかったみたい“など、意味深な言葉が飛び交い、泣き崩れる輪花の姿も。「このままウソを突き通すの?」という声に応えるように「私だって愛していた…」と絞りだすような輪花の声が響くなか、「信じたくて…」というAimerのせつないボーカルで幕が閉じる。「ラスト1秒、愛が反転する。」というコピーに本作への興味が一層高まる映像に仕上がっている。

また本作の主題歌として新曲「800(エイトハンドレッド)」を提供したAimerからのコメントも到着。主題歌を手掛けたAimerは「サスペンス・スリラーという個人的にも胸踊るジャンルでの内田英治監督の作品に、主題歌として関われることが嬉しかったです」とオファーを受けた時の気持ちを明かし、楽曲については「劇中で主人公の輪花は、何を信じていいか分からない状況に置かれます。普段の生活においてわたしたちも無数の情報の波にさらされて、相対するものが、或いは自分自身の感情すら、何が真実で何が嘘なのか分からなくなる瞬間があると思います。その一瞬一瞬に、何を信じて生き抜いていくのか。脚本を読ませていただいて感じた、そんなヒリヒリした感触そのものを楽曲にしたいと思い、“極めて多い数の象徴”そして“嘘の象徴”でもある、「800(エイトハンドレッド)」という数字をタイトルにつけました」と楽曲に込めた想いを語った。

楽曲を聞いた土屋は「母性で寄り添うような歌詞と素晴らしい音で包み込んでくださって、本当に有難うございます」とAimerへ感謝を寄せると、佐久間は「この作品に寄り添っていただいた素敵な楽曲だと思いました」と絶賛。さらに、金子も「とても浄化されるといいますか、素晴らしいお声ですよね」とAimerのハスキーボイスに魅了されたと語っている。


いまやすっかりポピュラーな存在となったマッチングアプリ。心躍る出会いからノンストップで展開する恐怖の連続をスクリーンで体感してほしい!

作品情報へ

関連作品

  • マッチング

    4.4
    7677
    マッチングアプリによって増えた出会いの裏にひそむ罠の恐怖を描くサスペンス・スリラー
    U-NEXT