一人の女性の鮮烈な“愛”とは『熱のあとに』血まみれの衝撃シーンから始まる予告編&場面写真|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
一人の女性の鮮烈な“愛”とは『熱のあとに』血まみれの衝撃シーンから始まる予告編&場面写真

映画ニュース

一人の女性の鮮烈な“愛”とは『熱のあとに』血まみれの衝撃シーンから始まる予告編&場面写真

橋本愛が主演を務める2024年2月2日(金)公開の映画『熱のあとに』から予告編と場面写真が解禁された。

【写真を見る】2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアされた鮮烈な“愛”の物語
【写真を見る】2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアされた鮮烈な“愛”の物語[c]2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisha

本作は、東京藝術大学大学院で諏訪敦彦、黒沢清らに師事した新鋭、山本英の商業デビュー作。2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアされた鮮烈な“愛”の物語を紡いでいく。愛したホスト、隼人(水上恒司)を刺し殺そうとした沙苗(橋本)は、数年の服役後、お見合いで出会った健太(仲野太賀)と結婚する。平穏な結婚生活が始まったと思っていた矢先、謎めいた隣人の女、足立(木竜麻生)が現れる。普通の生活へ引き戻してくれる健太の温もりを受け取りながらも、隼人への想いを抱き続ける沙苗は“愛し方”の結末にたどり着く。

このたび解禁された予告編は、血まみれで倒れているホストの隼人を、沙苗がタバコを吸いながら見下ろし、不敵な笑みを浮かべる衝撃的なシーンから始まる。事件から6年の時が経ち、沙苗はお見合いで出会った健太と結婚。指輪を手渡し、ドライブをする2人の幸せそうな姿が映しだされ、安全な結婚生活が始まったかと思っていた矢先、沙苗の前に謎の隣人、足立が現れる。「なんで健太くんだったの?」、「あえて後戻りできない状況に、自分を置きたかったの?」と足立に問われ続け、困惑する沙苗。そして、歌舞伎町で隼人の後ろ姿を見かけたことを機に、沙苗の心はざわつき始める。「隼人さん、君に会いたいって」という意味深なセリフ、湖でもみくちゃになる沙苗と健太。「お前、あいつに一千万貢いだよな。身体売ってさ」と激昂する健太の言葉も沙苗には全く響いていない様子。過去に全てを捧げた隼人か、そんな自分を受け入れてくれる健太の温もりか、沙苗は愛の選択を迫られていく。このほかにも、血のついた包丁、ボートで湖に漕ぎだす足立、銃を手に取る健太など、不穏なシーンが次々と映しだされ、一筋縄ではいかない愛の物語を想起させるミステリアスな予告編に仕上がっている。

あわせて解禁された場面写真は、沙苗と健太が出会うきっかけとなったお見合いに同席する沙苗の母、多美子(坂井真紀)の姿、森の中で獣用の罠にかかり動けなくなっていた足立と健太が初めて出会うシーン、アシの林の中で足立が沙苗に微笑みかけるカットなど、物語の全貌が気になる全9点が解禁されている。


映画界の次代を担うキャストやクリエイターが集結した本作。鮮烈な“愛”の行方をぜひスクリーンで見届けたい。

文/スズキヒロシ

作品情報へ

関連作品

  • 熱のあとに

    3.0
    361
    橋本愛主演、新宿ホスト殺人未遂事件から着想を得た、女の狂気的な愛の形を描いたドラマ