岡山天音が“笑い”に猛進!菅田将暉、松本穂香、仲野太賀ら共演の『笑いのカイブツ』最新映像|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
岡山天音が“笑い”に猛進!菅田将暉、松本穂香、仲野太賀ら共演の『笑いのカイブツ』最新映像

映画ニュース

岡山天音が“笑い”に猛進!菅田将暉、松本穂香、仲野太賀ら共演の『笑いのカイブツ』最新映像

Web連載で熱狂的な支持を集め、書籍化もされた“伝説のハガキ職人”ツチヤタカユキの同名私小説を、岡山天音主演で映画化した『笑いのカイブツ』(2024年1月5日公開)。このたび本作の最新映像となる予告編とビジュアルが解禁された。

【写真を見る】伝説の“ハガキ職人”の私小説が映画化!岡山天音が笑いに取り憑かれた男の半生を演じ抜く
【写真を見る】伝説の“ハガキ職人”の私小説が映画化!岡山天音が笑いに取り憑かれた男の半生を演じ抜く[c] 2023「笑いのカイブツ」製作委員会

なにをするにも不器用で、人間関係も不得意なツチヤ(岡山)の生きがいは、“レジェンド”になるためテレビの大喜利番組にネタを投稿すること。狂ったように毎日ネタを考え続けて6年。実力が認められてお笑い劇場の作家見習いになるが、笑いだけを追求して常識から逸脱した行動をとるツチヤは周囲から理解されずに淘汰されてしまう。自暴自棄になりながらも、ラジオ番組にネタを投稿する“ハガキ職人”となったツチヤは、次第に注目を集め、やがて尊敬する芸人からも声がかかるように。

このたび解禁された予告映像は、アルバイト中にもかかわらずネタ投稿をしている大喜利番組をイヤホンで聞き、人目もはばからずに大きなリアクションをとる“笑いに取り憑かれた”主人公のツチヤの姿から幕を開ける。そんな彼をおもしろがるピンク(菅田将暉)やツチヤの努力を素直に尊敬するミカコ(松本穂香)に加え、ツチヤの憧れの芸人であるベーコンズの西寺(仲野太賀)など、ツチヤの運命を変えていく登場人物たちの姿、さらに様々な葛藤のなかで自分の信じる笑いを貫こうとするツチヤ自身の姿が映しだされていく。


また、あわせて解禁されたビジュアルには「あの頃、何者かになりたかった全ての人へ――。」というコピーとともに、夢も地獄も両方味わったような潤んだ瞳でこちらを見つめるツチヤの表情がデザイン。笑いに人生を捧げたツチヤにいったいどんな運命が待ち受けているのか。衝撃の実話から生まれた物語を、是非ともその目に焼き付けてほしい。

文/久保田和馬

作品情報へ

関連作品

  • 笑いのカイブツ

    3.7
    852
    「伝説のハガキ職人」と言われたツチヤタカユキによる私小説を岡山天音主演で映画化