大島優子『マダム・ウェブ』で実写映画の吹き替えに初挑戦!アフレコ風景&インタビューを収めたスペシャル映像|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
大島優子『マダム・ウェブ』で実写映画の吹き替えに初挑戦!アフレコ風景&インタビューを収めたスペシャル映像

映画ニュース

大島優子『マダム・ウェブ』で実写映画の吹き替えに初挑戦!アフレコ風景&インタビューを収めたスペシャル映像

マーベル初の本格ミステリー・サスペンス『マダム・ウェブ』(2月23日公開)にて、大島優子が主人公のマダム・ウェブ役の吹き替え声優を務めることが明らかに。あわせて、アフレコ風景とインタビューを収めたスペシャル映像が解禁された。

【写真を見る】スペシャル映像には大島優子のアフレコ風景も収められている
【写真を見る】スペシャル映像には大島優子のアフレコ風景も収められている[c]& TM 2024 MARVEL

本作は「スパイダーマン」シリーズのソニー・ピクチャーズが贈る、これまでのマーベル作品とは一線を画す、壮大なミステリー・サスペンス。原作コミックでは未来予知によってスパイダーマンを救う重要なキャラクターとして描かれるマダム・ウェブの誕生にまつわる物語を描きだしていく。

物語の舞台はニューヨーク。後にマダム・ウェブとなる救急救命士のキャシー・ウェブ(ダコタ・ジョンソン)は、1人でも多くの命を救うために日々奮闘していた。彼女はある日、生死を彷徨う大事故に巻き込まれたことをきっかけに、デジャブのような奇妙な体験を味わうようになる。そんななかキャシーは、3人の少女たちが黒いマスクの男に殺されるビジョンを目撃する。それが未来に起こる出来事だと確信し、少女たちを助けることを決意。不思議な力を使って何度も危機を回避するキャシーは、少女たちの“使命”と自らに与えられた能力の秘密を知ることになる。

このたび解禁されたのは、大島のアフレコ風景とインタビュー映像を収めたスペシャル映像。マーベルファンだと明かす大島だがインタビュー映像では、本作へのオファーを受けた時のことを「飛び跳ねるように嬉しかったです!」とコメント。ディズニー&ピクサーの長編アニメーション『メリダとおそろしの森』(12)では主人公メリダ役の日本語吹替版を務めた大島だが、実写映画の吹替はなんと今回が初めて。「アニメーションの吹替はいくつかやらせていただきましたが、全然違いますね!アクションは楽しいです!唸ったりとか声を張り上げたりとか。殴られる、殴る声とかは普段出さないので、楽しかったです」と収録を振り返った。

さらに、キャシーが横転した車の中にいるけが人を救助するシーンのアフレコを収録した際には、スタジオブースの中で本編と一緒の動きを実際に自分でやってみることで、そのシチュエーションに合わせた声の出し方を工夫したといった収録中のエピソードも披露。「私は実際に動かないと声が違うって事も分からなかったので、わがままを言ってマイクの位置も変えさせていただきました」と明かした。

大島が演じるキャシーは、命を救うために奮闘するニューヨークの救急救命士。偶然出会った3人の少女たちが黒いマスクの男に殺されるという悪夢のようなビジョンを見てしまい、彼女たちを助けることを決意。第1子を出産し母となった大島だが、母親になっての演技について「自然と(意識した演技に)なってたかもしれないですね。やっぱり誰かを守らなきゃいけないってなったら、とっさに手が出たり、守ろうとすると思うので。(3人の少女たちを必死に守るキャシーの姿に)母親として、なにかを守らなきゃいけないっていう、とっさに自然に生まれるものっていうのはすごく共感できるなって思います」と語る。

本作の魅力について聞かれると「どこでキャシーのヒーローとしてのポテンシャルが覚醒するんだろう?と映画を観ながらずーっと考えていたんですよ。なので、“ここでキター!”“なるほど!こういうことなんだ!”というタイミングで覚醒するので、そこはもう是非とも観ていただく方にも楽しんでいただきたいポイントですね」とアピール。さらに本作でキャシーと少女たちを追い詰める黒いマスクの男エゼキエル(タハール・ラヒム)について「とにかく敵のエゼキエルが…怖い!最初観た時に、この敵来たらほんとに絶叫しちゃう!っていうくらいに怖いです」と今作のヴィランに対する印象についても明かした。

最後に「ぜひ吹替で、迫力あるスピーディーな展開を一緒に謎を解き明かすつもりで観ていただけたらなと思います。マーベル初の本格ミステリー・サスペンスで、先が読めない展開でハラハラドキドキします。マーベルの他の作品を観ていなくても誰しもが楽しめる映画になっています。是非映画館に足を運んでください!」と公開を心待ちにするファンに向けてメッセージを贈った。


また、映画『マダム・ウェブ』日本語吹替版プレミア上映ナイトの開催も決定。公開に向けて盛り上がる本作に要注目だ。

文/スズキヒロシ

作品情報へ

関連作品

  • マダム・ウェブ

    3.4
    1896
    マーベル・コミックスのキャラクター、マダム・ウェブを主役に描くミステリーサスペンス
    U-NEXT