『マダム・ウェブ』場面写真ついに解禁!キャストが語る“異色のマーベル映画”である理由|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『マダム・ウェブ』場面写真ついに解禁!キャストが語る“異色のマーベル映画”である理由

映画ニュース

『マダム・ウェブ』場面写真ついに解禁!キャストが語る“異色のマーベル映画”である理由

「スパイダーマン」のソニー・ピクチャーズが贈る、マーベル初の本格ミステリーサスペンス映画『マダム・ウェブ』が2月23日(祝・金)に公開される。このたび、キャシー・ウェブ(=マダム・ウェブ)のベールに包まれたストーリーが垣間見える場面写真と、本作が“異色のマーベル映画”である理由をキャストたちが語った特別映像が解禁された。

【写真を見る】ダコタ・ジョンソン演じるキャシー・ウェブのただならぬ表情に注目
【写真を見る】ダコタ・ジョンソン演じるキャシー・ウェブのただならぬ表情に注目[c] & TM 2024 MARVEL

原作コミックでは、未来予知でスパイダーマンを救う重要なキャラクターとして描かれるマダム・ウェブ。本作はマダム・ウェブ誕生の物語となる。偶然出会った3人の少女が黒いマスクの男に殺されるという悪夢のようなビジョンを見てしまったことから、キャシーは3人を助ける決意をする。彼女たちに隠された「重要な使命」を知るのは世界でたった1人キャシーだけ。最悪の未来を見たことから物語は予想もつかない方向へ動きだしていく。

キャシー・ウェブは3人の少女を地下鉄から救い出し、行動をともにする
キャシー・ウェブは3人の少女を地下鉄から救い出し、行動をともにする[c] & TM 2024 MARVEL

先日解禁となったキャラクターポスターでそれぞれのキャラクター名が判明し、ファンを熱狂させている本作。何重にも絡まった糸をほどくように少しずつ本作の全貌が明らかになっていくなか、場面写真が初解禁された。未来予知の能力を突然手に入れた救急救命士キャシー・ウェブことマダム・ウェブ(ダコタ・ジョンソン)がその能力に目覚めた瞬間を収めたシーンから、謎に包まれた自身のルーツを探っていると思われるシーン、黒いマスクの男、エゼキエル・シムズ(タハール・ラヒム)に追われ、未来に重要な使命を持つとされる3人の少女、ジュリア・コーンウォール(シドニー・スウィーニー)、アーニャ・コラソン(イザベラ・メルセド)、マティ・フランクリン(セレステ・オコナー)を地下鉄から救い出し、行動をともにすることになったシーン、さらにその彼女たちと必死に逃げるシーンの全4カットだ。正義感にあふれた救急救命士キャシー・ウェブの顔から次第に、運命に挑む勇ましいマダム・ウェブの表情へと変わっていく様にも注目だ。

同時に解禁された特別映像では、キャストたちの証言によって「マダム・ウェブがなぜ異色のマーベル映画なのか」がわかるものとなっている。キャシー・ウェブ(マダム・ウェブ)役のダコタ・ジョンソンは本作のストーリーを「スーパーヒーロー映画だけど、ストーリーが現実に即しています」と話し、一方でジュリア・コーンウォール役のシドニー・スウィーニーは「サスペンスに満ちている、異色のスーパーヒーロー映画」と分析する。

『マダム・ウェブ』は2月23日(祝・金)より公開
『マダム・ウェブ』は2月23日(祝・金)より公開[c] & TM 2024 MARVEL

本編で「死にたくないなら、私を信じて」とキャシーに言われ、彼女と行動をともにすることになった3人の少女は、ある時キャシーと自分たちが見えない糸でつながっていた事実に気づき、驚きを隠せない。謎が謎を呼び、物語が進めば進むほど、マダム・ウェブの予知能力によって現在と未来が交錯し始め、観ている者は混乱の渦に引きずり込まれていく。その展開にアーニャ・コラソン役を演じたイザベラ・メルセドですら「心理に訴えるシナリオに惑わされます」と話す。またマティ・フランクリン役のセレステ・オコナーは「斬新で、ほかのヒーロー映画とはまるで別物」と話し、ジョンソンも「まったく新しいマーベル映画」と証言するなど、本作の公開が待ち遠しくなる映像となっている。


はたして、マダム・ウェブが見た運命とは?そして未来に翻弄される彼女たちの行く末とは?すべてが壮大な運命の糸(ウェブ)で結びついてゆく本作に乞うご期待。

文/山崎伸子

作品情報へ

関連作品

  • マダム・ウェブ

    3.4
    1884
    マーベル・コミックスのキャラクター、マダム・ウェブを主役に描くミステリーサスペンス
    U-NEXT