ムロツヨシ『身代わり忠臣蔵』舞台挨拶で久々の黒髪と林遣都からの感謝に「恥ずかしい…」と大照れ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
ムロツヨシ『身代わり忠臣蔵』舞台挨拶で久々の黒髪と林遣都からの感謝に「恥ずかしい…」と大照れ

イベント

ムロツヨシ『身代わり忠臣蔵』舞台挨拶で久々の黒髪と林遣都からの感謝に「恥ずかしい…」と大照れ

映画『身代わり忠臣蔵』(公開中)の初日舞台挨拶が2月9日、丸の内TOEIにて開催され、ムロツヨシ、川口春奈、林遣都、河合勇人監督が登壇。撮影裏話や作品にちなみ「歴史上の人物で身代わりになるなら?」とお題で爆笑トークを展開した。

【写真を見る】ムロツヨシ、川口春奈、林遣都がMCの本多力と爆笑トークを展開!終始笑い声に溢れるイベントとなった
【写真を見る】ムロツヨシ、川口春奈、林遣都がMCの本多力と爆笑トークを展開!終始笑い声に溢れるイベントとなった

本作の原作は、時代劇「忠臣蔵」をベースに“身代わり”という斬新なアイディアを加えて生み出された、時代劇ヒットメーカー、土橋章宏の同名小説。ムロは主人公の吉良孝証とその兄の吉良上野介の二役を演じている。

イベント冒頭、「私事で恐縮ですが…」と切り出したムロが「2年ぶりに髪を染めました」と打ち明け、久しぶりの黒髪がとても恥ずかしいと告白。カメラを向けたマスコミに対し「写真を撮ってくれる方、ここにモザイクをかけてください」と髪を指差しリクエスト。シャッター音が鳴り響く会場を見渡し「恥ずかしい…」と繰り返す姿に、会場は大爆笑していた。

主人公の吉良孝証とその兄の吉良上野介の二役を演じたムロツヨシ
主人公の吉良孝証とその兄の吉良上野介の二役を演じたムロツヨシ

桔梗を演じた川口は、ほとんどが孝証役のムロとのシーンだったとし、お気に入りのシーンとして「孝証がお布団で寝ているシーン」を挙げ、「桔梗さんとのやりとりがボケとツッコミみたいですごく可愛かったです」とニッコリ。ほっこりムードに包まれていると、ムロが川口のクールなブラックの衣装について「今日のテーマはスパイだそうです!」と紹介。すると川口は「女スパイ(笑)」と反応しノリの良いトークを展開。2人のスムーズなやりとりに会場から大きな拍手が湧き起こっていた。

ムロ演じる孝証のマドンナ、桔梗を演じた川口春奈
ムロ演じる孝証のマドンナ、桔梗を演じた川口春奈

吉良上野介を支えるクレイジー家臣の斎藤宮内役を演じた林は「どうしても言いたいことがある」と撮影時のエピソードを披露。本作の撮影中に第一子が生まれたことに触れ「撮影は京都。その日の夜の撮影後、新幹線に乗れたら(出産に)立ち会えるというタイミングがあって。でも、(撮影は夜に終わるので)難しいかもという時に、多分、ムロさんのアイデアで僕のシーンを先に撮るということになって…」と振り返る。

その際の現場の様子は「いままでに見たことがないくらいみんなの士気があがっていて」とニヤリとしながらも「ムロさんは待機場所に戻らずにずっと現場に立っていました。カットがかかるたびに『次!次!』って」と明かし、「間に合って出産に立ち会えたし、生涯忘れられない日になりました」と感謝。さらに子どものへその緒も切ることができたと付け加えた林が「もはや、ムロさんが(へその緒)を切ったといっても過言ではない!」と話し、「本当にかっこいい方です」と改めてお礼を伝える場面もあった。

吉良上野介を支える家臣の斎藤宮内役を演じた林遣都
吉良上野介を支える家臣の斎藤宮内役を演じた林遣都

「もし、歴史上の人物で身代わりになるとしたら?」と質問されたムロは、「ちょうど、(この映画の撮影時にNHK大河ドラマで)戦国時代の豊臣秀吉を演じました。さらに次の時代になって(この映画の)吉良上野介を演じたので、その次の時代なので僕の坂本龍馬を見せたいです!」と宣言。意外な回答だったのか、会場が静かになっている様子を見て「リアクションに困ってるんでしょ。ほんと正直すぎる反応!」と客席にもすかさずツッコミ入れたムロに観客は大爆笑すると共に、期待しているといった様子で大きな拍手を贈っていた。


しゃべり続けるムロに大爆笑
しゃべり続けるムロに大爆笑

イベントに登壇予定だった永山瑛太は体調不良のため欠席。「行けなくて残念というメッセージをもらいました」と微笑んだムロは「2人でどこかでゲリラ舞台挨拶をしようとか(笑)」とコメント。さらに公開初週の週末、どこかで本作を鑑賞予定とし「直接、会場でみなさんの笑い声を確認したい!客席から突然、舞台に上がるかも」と話すなど、サービスたっぷりのトークで終始イベントを盛り上げていた。

取材・文/タナカシノブ

作品情報へ

関連作品

  • 身代わり忠臣蔵

    4.2
    1291
    土橋章宏の同名小説をムロツヨシ主演で映画化した時代劇エンタテインメント