『マダム・ウェブ』日本語吹替版声優に潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人ら決定! - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『マダム・ウェブ』日本語吹替版声優に潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人ら決定!

映画ニュース

『マダム・ウェブ』日本語吹替版声優に潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人ら決定!

<日本語吹替版声優コメント>

●潘めぐみ(ジュリア役)

「いつかはと夢見ていた、マーベル映画への参加。『マダム・ウェブ』のもと携わらせていただけるなんて、本当に光栄です。ジュリアの持つ繊細さと大胆さ、その塩梅を調整しつつ、キャシーたちと関わることで変化していくその過程と、じっくりと向き合う機会を頂けた事が大変有難かったです。数奇な運命に導かれて出会った、キャシー、ジュリア、アーニャ、マティ。まだ完成されていない、どこかちぐはぐで、アンバランスな関係性が、温度を持って変化していくのを感じながら、演じさせて頂きました。張り巡らされた記憶、紡がれる物語、未来を癒すための戦いを、どうぞご堪能下さい。マーベルを愛する方にも、ここから出会うという方にも、どうか楽しんで頂けますように」

●ファイルーズあい(アーニャ役)

「アーニャを演じさせていただきます、ファイルーズあいです!それぞれ異なった個性を持つ3人組ですが、そのなかでもアーニャは一歩引いて見ていることが多く、彼女の立ち位置や気持ちを考えて表現するのがとても難しかったです。そして『未来が見えるからといって、変えられないわけではない』という作品のテーマにもとても勇気づけられましたし、従来のファンの方は思わずニヤリとしてしまうようなシーンも盛りだくさんで、見どころたくさんの作品です!お楽しみに!」

●伊瀬茉莉也(マティ役)

「MARVEL作品は欠かさず劇場で観てきました。その中でも特に愛してやまないのが『スパイダーマン』シリーズ。これ以上ない興奮と喜びでどうにかなりそうでした!家の中で思わず『やったぁぁぁー!!!!』と叫んでしまうくらい(笑)マティは、スケボーが好きな10代の活発な女の子。ノリが良くすぐ調子に乗っちゃうところや食いしん坊なところもティーンエイジャーらしく可愛いなぁと思います。抱えている悩みや不安に対しての葛藤、いざとなると仲間想いなところも素敵だと思います。演じていて、とても気持ちの良い真っ直ぐな性格で、こんなに魅力的な愛すべきマティを演じさせて頂けて幸せです。今作はMARVEL作品初のミステリー・サスペンス要素もあり、3人の少女たちの未来が物語にどう影響してくるのか一緒にドキドキしながらご覧いただけると嬉しいです!」

●子安武人(エゼキエル役)

「今回、謎の黒いマスクの男、エゼキエル役に指名していただき大変光栄に思っております。今作はマーベル初のミステリー・サスペンスということで細かいことは秘密ですが、エゼキエルが物語の核の部分を担っている存在であることは間違いないので、自然と演技にも力が入りました。スリル、サスペンス、アクション、そして、先が読めない展開にきっと貴方はワクワクするでしょう。予備知識なしで楽しめる『マダム・ウェブ』どうぞよろしくお願いします!」

●萩原聖人

「マーベルは大人になっても、いつもワクワクした気持ちを与えてくれる存在なので、出演が決まった時は感無量でした。演じさせていただいた役は映画の中でとても重要な役割をはたし、ファンから愛される大らかで愛情深い人物です。いろいろなマーベルヒーローがいるのと同じように、人の救い方にはさまざまな形があると思います。普段気づかないけれど自分を救ってくれる存在は世の中に、そして実は近くにたくさんいるよと、この映画はそういう事に気づかせてくれる愛と優しさに満ちた作品だと思います。是非お楽しみください」

●坂本真綾

「まだ役名をお伝えすることができないのですが、今作の中で重要なキャラクターのひとりである人物の吹き替えを担当させていただきました。お腹に赤ちゃんがいて、命の神秘を感じながら過ごしている幸せオーラいっぱいの女性です。絆を紡いでいく女性たちのしなやかな強さに、見ている私まで力がみなぎってくるような物語でした」


文/鈴木レイヤ

作品情報へ

関連作品

  • マダム・ウェブ

    3.4
    1888
    マーベル・コミックスのキャラクター、マダム・ウェブを主役に描くミステリーサスペンス
    U-NEXT