『マダム・ウェブ』日本語吹替版声優に潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人ら決定!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『マダム・ウェブ』日本語吹替版声優に潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人ら決定!

映画ニュース

『マダム・ウェブ』日本語吹替版声優に潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人ら決定!

「スパイダーマン」のソニー・ピクチャーズが贈る、マーベル初の本格ミステリーサスペンス『マダム・ウェブ』が2月23日(祝・金)に公開される。このたび、本作の日本語吹替版声優が解禁となった。

未来予知の能力を持つマダム・ウェブ誕生の物語を描く本作。ある事故をきっかけに未来が視えるようになったキャシー(マダム・ウェブ)は、偶然に出会った3人の少女が黒いマスクの男に殺されるという悪夢のようなビジョンを見てしまう。彼女たちに隠された「重要な使命」を知ったキャシーは、3人を助けることを決意する。だが、最悪の未来を見たことから物語は予想もつかない方向へ動きだしていく。先日、本作の日本語吹替版で、未来予知の能力を持つ主人公マダム・ウェブことキャシー役を俳優の大島優子が務めることが解禁されていた

今回、さらに作品を彩る登場キャラクターの声優として、潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人、萩原聖人、坂本真綾ら総勢6人の出演が明らかになった。偶然キャシーと出会った「重要な使命」を持つ3人の少女たちのうち、ジュリア役を潘、アーニャ役をファイルーズ、マティ役を伊瀬が担当する。また、少女たちを執拗に追い続ける今作のヴィランである謎の黒いマスクの男、エゼキエル役を子安武人が演じることも明らかになった。また、萩原、坂本の演じるキャラクターは現段階では明かされていない。

ジュリアの声を担当した潘は「いつかはと夢見ていた、マーベル映画への参加。『マダム・ウェブ』のもと携わらせて頂けるなんて、本当に光栄です。張り巡らされた記憶、紡がれる物語、未来を癒すための戦いを、どうぞご堪能下さい」と本作に関してコメント。また、ファイルーズは「それぞれ異なった個性を持つ3人組ですが、そのなかでもアーニャは一歩引いて見ていることが多く、彼女の立ち位置や気持ちを考えて表現するのがとても難しかったです」、伊瀬は「マティは、スケボーが好きな10代の活発な女の子。ノリが良くすぐ調子に乗っちゃうところや食いしん坊なところもティーンエイジャーらしく可愛いなぁと思います」とそれぞれが演じたキャラクターについて語っている。また、まだ役名が明かされていない萩原は自身の役について、「映画の中でとても重要な役割をはたし、ファンから愛される大らかで愛情深い人物です」、坂本は「お腹に赤ちゃんがいて、命の神秘を感じながら過ごしている幸せオーラいっぱいの女性です」と明かした。


萩原、坂本はそれぞれどんなキャラクターを演じるのだろうか?「スパイダーマン」のスタジオが贈る壮大な本格ミステリー・サスペンスに期待が高まる。

作品情報へ

関連作品

  • マダム・ウェブ

    3.4
    1898
    マーベル・コミックスのキャラクター、マダム・ウェブを主役に描くミステリーサスペンス
    U-NEXT