若手実力派が2人の主人公を担当『ルックバック』河合優実&吉田美月喜がW主演に|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
若手実力派が2人の主人公を担当『ルックバック』河合優実&吉田美月喜がW主演に

映画ニュース

若手実力派が2人の主人公を担当『ルックバック』河合優実&吉田美月喜がW主演に

コミック配信サイト「ジャンプ+」にて2021年7月に発表され、初日で閲覧数250万以上を記録した藤本タツキの同名コミックを映画化する『ルックバック』(6月28日公開)。このたび、W主演として河合優実、吉田美月喜の出演が明らかとなった。

【写真を見る】劇場アニメ『ルックバック』のティザービジュアル
【写真を見る】劇場アニメ『ルックバック』のティザービジュアル[c]藤本タツキ/集英社 [c] 2024「ルックバック」製作委員会

「ルックバック」は、「ファイアパンチ」、「チェンソーマン」といった話題作を手掛け、劇場版アニメ『チェンソーマンレゼ篇』(公開日未定)の公開も控える藤本渾身の作品。ひたむきに漫画を作り続ける藤野と京本という2人の少女の姿をみずみずしく描きながらも、やがて起きる2人の運命を分ける出来事を強烈なリアル感を持った筆致で描きだし、著名なクリエイターたちをはじめ多くの漫画ファンの注目を集めました。本作の劇場アニメ化にあたり、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(09)、『借りぐらしのアリエッティ』(10)、『風立ちぬ』(13)など、数多くの話題作に主要スタッフとして携わってきた押山清高が監督、脚本、キャラクターデザインを務める。

藤野役に抜擢されたのは、「不適切にもほどがある!」での演技で話題が沸騰するなか、『あんのこと』(6月7日公開)や、『四月になれば彼女は』(3月22日公開)なども控える河合。河合は「息や声を吹き込むというかたちで、藤野と京本の生きた時間を新たに彩る試みをしました」と語り、声優初挑戦となる本作に対しては、「はじめて参加の機会を頂いたアニメの世界でしたが、絵の中ですばらしく躍動する藤野の身体に添う切実な声を乗せられるよう、精一杯取り組みました」と真摯に役に向き合ったことを明かした。

もう一人の主人公、京本役をオーディションで勝ち取ったのは、ドラマ「今際の国のアリス」、「ドラゴン桜」などの話題作に出演、映画『あつい胸さわぎ』(23)、『カムイのうた』(24)では主演を務め、6月から上演の主演舞台「デカローグ7『ある告白に関する物語』」が控え、その目覚ましい活躍に拍車をかける吉田。河合と同じく声優初挑戦となる吉田は「初めての声優のお仕事でしたが、精一杯心を込めて演じています」と表現し、初めて映像を見た際は、「『うわ!あの世界が生きている!』と未完成の絵ながら感激して、収録中に思わず涙が出てきてしまうくらい更に藤野と京本が愛おしく大好きになりました」と作品愛あふれるコメントを寄せた。


漫画に向き合う藤野と京本に生命を吹き込む河合と吉田。彼女たちの演技ぶりを、ぜひスクリーンで見届けてほしい。

作品情報へ

関連作品