独自の世界観に陶酔する…『女子高生に殺されたい』古屋兎丸が描く少年少女の物語|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
独自の世界観に陶酔する…『女子高生に殺されたい』古屋兎丸が描く少年少女の物語

コラム 2022/4/9 20:30

独自の世界観に陶酔する…『女子高生に殺されたい』古屋兎丸が描く少年少女の物語

コミック界の鬼才、古屋兎丸が、2015~16年に画業20周年記念作品として発表した「女子高生に殺されたい」。センセーショナルなタイトルとアンモラルな内容のため、実写化は不可能と思われていた問題作が、田中圭を主演に迎えて『アルプススタンドのはしの方』(20)、『愛なのに』(22)などの俊英、城定秀夫監督の手により禁断の映画化を果たした。

新年度がスタートする二鷹高校に、34歳の日本史教師、東山春人が赴任してくる。端正なルックスと気さくな人柄を併せ持つ春人は瞬く間に人気者となり、恋を夢見る女子高生たちの眼差しを一身に浴びていく。だが、彼には誰にも言えない秘密があった。それは…“美しい女子高生に殺されたい”という不可解で罪深い欲求。春人は自分が思う“理想的な殺され方”を実現させるために9年もの時間をかけて“これしかない完璧な計画”を練り、その夢を叶えるために二鷹高校に赴任してきたのだ。

【写真を見る】主人公の春人は、歪んだ目的を果たすためにとある高校に赴任する
【写真を見る】主人公の春人は、歪んだ目的を果たすためにとある高校に赴任する[c]2022日活

田中圭が、好感度抜群の見た目を保ちながら、オートアサシノフィリア=自己暗殺性愛(自身が殺される状況に興奮を覚える性的思考)を持つ春人の歪んだ欲望と闇を絶妙なバランスで体現。彼を巡る女子高生を南沙良、河合優実、莉子、茅島みずきらフレッシュな次世代俳優たちが演じ、原作コミックを大胆にアレンジした衝撃のクライマックスへと突き進む。そこには原作者、古屋のすべてが凝縮されていると言える。このコラムではそんな古屋兎丸ワールドの魅力をひも解きながら、映画『女子高生に殺されたい』(公開中)ではどんな形で踏襲し、実写化されたのかに迫っていきたい。

関連作品

  • 女子高生に殺されたい

    3.6
    193
    古屋兎丸の漫画コミック『女子高生に殺されたい』を田中圭主演で実写映画化
    Amazon Prime Video
  • 帝一の國

    4.4
    42
    生徒会長選挙に命をかける高校生たちを描いた人気コミックを菅田将暉主演で映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix
  • ライチ☆光クラブ

    3.2
    2
    古屋兎丸の同名作を映画化、大人になることを拒んだ少年たちの愛憎と裏切りを描く
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu