三谷幸喜監督最新作『スオミの話をしよう』西島秀俊、松坂桃李、遠藤憲一、小林隆、坂東彌十郎出演!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
三谷幸喜監督最新作『スオミの話をしよう』西島秀俊、松坂桃李、遠藤憲一、小林隆、坂東彌十郎出演!

映画ニュース

三谷幸喜監督最新作『スオミの話をしよう』西島秀俊、松坂桃李、遠藤憲一、小林隆、坂東彌十郎出演!

国民的脚本家、演出家、映画監督として、これまで日本中にたくさんの笑いと感動を届け、一昨年放送されたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では日本中の話題をさらった三谷幸喜が脚本と監督を務める待望の最新映画『スオミの話をしよう』が9月13日(金)より公開となる。このたび、新たに西島秀俊、松坂桃李、遠藤憲一、小林隆、坂東彌十郎の出演が発表された。

【写真を見る】一人ひとり、かなりタイプの異なる夫たち
【写真を見る】一人ひとり、かなりタイプの異なる夫たち[c]2024「スオミの話をしよう」製作委員会

中井貴一が記憶喪失の総理大臣を演じ、興行収入36.4億円の大ヒットとなった『記憶にございません!』(19)以来5年ぶり、映画監督作品としては9作目となる本作。突然行方をくらませた大富豪の妻スオミ。彼女の失踪を知り、夫が住む豪邸に集結したのは、彼女を愛した5人の男たち。しかし、彼らが語るスオミは、見た目も、性格も、まるで別人のようだった。一体、スオミの正体とは?三谷幸喜の真骨頂とも言える、ミステリー・コメディが誕生した。

主人公のスオミを演じるのは、映画やドラマ、舞台と多方面で活躍し、多彩な役柄を確かな演技力で演じ、数々の賞の受賞もはたしている、人気、実力ともに日本エンタメ界を代表するトップ俳優、長澤まさみ。三谷作品には、脚本を務めたテレビドラマ「わが家の歴史」に出演以降、三谷作、演出の舞台「紫式部ダイアリー」や大河ドラマ「真田丸」、「鎌倉殿の13人」に出演するなど三谷からの信頼は厚く、「いつか長澤さんと映画をやりたいと思っていた」と、本作への出演が実現したといい、長澤の三谷映画への出演は、本作が初めてとなる。

そしてこのたび、解禁となった5名が演じるのは、スオミの失踪を知り豪邸に集まった、彼女を愛した男たち。スオミの失踪を知り、彼女の現在の夫である寒川(坂東)の屋敷に、様々な巡り合わせで集う元夫の草野(西島)、十勝(松坂)、魚山(遠藤)、宇賀神(小林)。普通のようで普通じゃない一癖も二癖もある男たちを、西島、松坂、遠藤、小林、坂東という日本エンタメ界きっての実力派俳優陣が魅力たっぷりに演じる。西島、松坂は、本作が三谷作品初出演。

あわせて解禁された特報には、長澤演じるスオミの失踪を知り、豪邸に次々と現れる元夫たちの姿が。ミステリーの始まりを感じさせながらも、同時におかしさもあわせ持ち、早くも三谷ワールドに引き込まれる特報映像となっている。また前作『記憶にございません!』に続き、KEI-COが描き下ろしたティザービジュアルには、ドレスにチャイナ服、セーラー服と様々な衣装をまとい、喜怒哀楽の表情を浮かべるスオミの姿が。それぞれのスオミが生き生きと描かれており、困惑した表情の男たちとの対比が、本作への期待値をさらに高めるティザービジュアルに仕上がっている。


KEI-COが描き下ろしたティザービジュアルでは、様々な装いに様々な表情を浮かべるスオミの姿が
KEI-COが描き下ろしたティザービジュアルでは、様々な装いに様々な表情を浮かべるスオミの姿が[c]2024「スオミの話をしよう」製作委員会

スオミ不在のなか、“スオミがどんな女性なのか”を熱く語りあう男たち。スオミはどんな女性で、どこへ消えたのか…スオミの行方に右往左往する、“三谷ワールド”全開な男たちの悲喜こもごものやり取りに期待しよう!

作品情報へ

関連作品

  • スオミの話をしよう

    -
    387
    長澤まさみ主演、三谷幸喜監督が手掛ける、大富豪の妻、スオミを巡るミステリーコメディ