福士蒼汰×松本まりかが『湖の女たち』で辿り着いた、役者としての新境地。「自我から開放され、ゾーンに入るような感覚」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
福士蒼汰×松本まりかが『湖の女たち』で辿り着いた、役者としての新境地。「自我から開放され、ゾーンに入るような感覚」

インタビュー

福士蒼汰×松本まりかが『湖の女たち』で辿り着いた、役者としての新境地。「自我から開放され、ゾーンに入るような感覚」

吉田修一の同名小説を、福士蒼汰松本まりかのW主演で、『MOTHER マザー』(20)の大森立嗣が監督、脚本を手掛けて映画化した『湖の女たち』(5月17日公開)。介護施設での殺害事件を発端に、誰も想像がつかない方向へと物語がうねり出し、重層的な構造と壮大なスケール感で観る者を圧倒する本作。事件が混迷を極めるなか、身も心もさらけ出す難役に挑んだのは、刑事の濱中圭介を演じた福士と、事件が起きた施設の介護士、豊田佳代を演じた松本の2人。いままでに観たことのないほどによどんだ福士の視線と、松本によるむき出しの心がスクリーンにそのまま映しだされている、と公開前から話題沸騰だ。

先日実施された完成報告会では、劇中のインモラルな関係を作りあげるため、福士と松本は1か月間に及ぶ撮影中、「最初の挨拶と本番のセリフを除いては一切会話をしなかった」という、驚きの事実が明かされた。松本からは「正直、(福士のことが)嫌いでした」と、本音ともサービストークとも判断がつかないようなぶっちゃけ発言まで飛び出したが、果たして真相はどうだったのか。会見を終えたばかりの福士蒼汰と松本まりかを直撃した。

「圭介と佳代は“磁石”のような関係」(松本)

――撮影期間中、カメラの前以外では一切コミュニケーションを取られなかったそうですね。それは、お互いの同意のうえのことだったのでしょうか?

松本「特に示し合わせたわけではなかったのに、お互いに嬉々としてやっていたんだなって。そういう意味では、圭介と佳代のようでもあって。いきなり、“本質”をやってしまうから」

――会見では、撮影中は「(福士さんのことが)嫌いでした」とおっしゃっていましたが、実際のところはどうだったんですか?

難役である施設の介護士、佳代を演じた松本まりか
難役である施設の介護士、佳代を演じた松本まりか撮影/興梠真帆

松本「実は、意外と相性がいいと私は思ってる」

福士「僕らは相性いいんですか?」

松本「えっ!?違うの?(笑)」

福士「いや…(笑)」

松本「…!」

福士「思ってます(笑)」

松本「それこそ私は、撮影中『福士くんとは、もう絶対に話すことなんてない』と思ってましたけど、いざ取材で一緒になってみたら『なんだ、こんなに話しやすい人だったんだ!』っていう、純粋な驚きがあって。まだ3回くらいしか話してないけど壁がまったくないんです」

福士「僕には本当は壁なんてないということを、ようやく気づいてもらえてよかったです(笑)」

松本「それでも私は、ある意味、“圭介”が福士くんの本質だと思ってはいるけどね。『いま私の目の前にいる“福士蒼汰”は、かりそめの姿でしょ』って。だから、それが世のなかに出るのが楽しみ!読者の皆さんも、映画を観たら私が言っている意味をわかってくれると思う(笑)」

福士「いやいや(笑)。さすがに僕の本質は“圭介”とは全然違います(笑)」

不思議な関係で結ばれ、お互いのことを求め合っていく圭介と佳代
不思議な関係で結ばれ、お互いのことを求め合っていく圭介と佳代[c]2023 映画「湖の女たち」製作委員会

松本「圭介と佳代って、喩えるなら、違う極同士だとくっついて、同じ極同士だと反発する“磁石”のような関係だと私は思うんだけど、取り調べのシーンの福士くんの独特な目と声が、初日からしてもう完全に“圭介”で、すごくよかったんですよ。福士くんって、“爽やかな好青年”みたいなイメージだったけど、あっちの顔も見せたほうがいいと思う」

福士「僕自身も初めて見る顔でした」

「自分でも、あんな目をしていたんだと驚いたくらい」(福士)

――圭介の虚ろでどう猛なあの目は、もともと福士さんの引き出しにあったものですか?


福士の演じる圭介の”目”は、観客に強烈な印象を残すに違いない
福士の演じる圭介の”目”は、観客に強烈な印象を残すに違いない[c]2023 映画「湖の女たち」製作委員会

福士「なかったと思います。自分でも完成した作品を観た時に、あんな目をしていたんだと驚いたくらいです。大森監督から、『下向いて!その角度のまま、目だけ佳代を見て!』と演出を受け、戸惑いながら必死についていきました」

松本「へぇー、そうだったんだ! それであの目になるなんてすごいね。私、最初に現場であの目を見た時、小声でスタッフさんに囁きましたから。『福士くん、めっちゃいい!』って。でも、次の日から嫌いになった。カメラが回ってないところでもずっとそのままだったから(笑)」

福士「ハハハ(笑)」

作品情報へ

関連作品

  • 湖の女たち

    2.9
    777
    介護施設で起きた不可解な死を巡って刑事と介護士がインモラルな関係性に溺れていく