SWだけじゃない!18年にアップカミング間違いなしの俳優ジョン・ボイエガに注目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/1/6 9:04

SWだけじゃない!18年にアップカミング間違いなしの俳優ジョン・ボイエガに注目

18年に飛躍を遂げそうな若手アクターで真っ先に挙げたいのがジョン・ボイエガだ。『スター・ウォーズ』新シリーズで、反逆の戦士フィンを演じて脚光を浴びたイギリス出身の25歳。伝統の英国演劇界で磨いた演技力は折り紙付きだ。

『最後のジェダイ』ではアクションの見せ場も満載
『最後のジェダイ』ではアクションの見せ場も満載[c]2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

17年は元トルーパーからプログラマーまで好演

本国イギリスで主演を務めたSFコメディ『アタック・ザ・ブロック』(11)で世界的な注目を集め、今やハリウッドからも引く手あまた。悩める天才コンピュータ・プログラマーを好演した、昨年の『ザ・サークル』(17)を記憶している方も多いのではないだろうか。

『デトロイト』でのシリアス演技に注目必至

話題作への出演が続くジョン・ボイエガ(『デトロイト』より)
話題作への出演が続くジョン・ボイエガ(『デトロイト』より)[c]2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そんなボイエガの快進撃は18年も続く。注目は『ハート・ロッカー』(08)のアカデミー賞監督キャスリン・ビグローと組んだ『デトロイト』(1月26日公開)。1967年にアメリカ、デトロイトで起きた人種暴動の実話に基づくこの社会派ドラマは、ビグロー監督作ならではの緊張感に満ちており、観る者を暴動の渦の中に引き込むほどパワフルだ。そんな本作でボイエガは、同胞愛から黒人たちを助けようとした若き警備員に扮している。よかれと思ってしたことにより、白人にも黒人にも非難される皮肉。ボイエガの出演作の中でも図抜けてシリアスなキャラクターだが、困難を強調することなく、苦境に陥るひとりの人間になり切ったリアルな演技は、多くの観客を唸らせるに違いない。

『パシリム』新作で、怪獣をイェーガーで迎撃

大ヒットした『パシフィック・リム』の続編では主演に大抜擢!
大ヒットした『パシフィック・リム』の続編では主演に大抜擢![c]Legendary Pictures/Universal Pictures.

さらに、大ヒットVFXアクションの続編『パシフィック・リム:アップライジング』(4月公開)が続く。新たな怪獣の襲来に世界が混乱する中、ロボットに乗り込んで戦う新世代兵士。そんなヒーローを、『スター・ウォーズ』以上の身体能力を発揮してボイエガが演じるとなれば、観逃すわけにはいかない。確かな演技力をベースにして、シリアスからアクションまでスキルを広げ続けるボイエガ。18年の要注目の俳優であることに疑問の余地はない!

文/トライワークス

関連作品