パシフィック・リム:アップライジング|MOVIE WALKER PRESS
MENU
パシフィック・リム:アップライジング

パシフィック・リム:アップライジング

2018年4月13日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

海底から現れたKAIJUと人型巨大兵器イェーガーとの戦いを描き、世界中で大ヒットを記録したSFアクションの続編。KAIJUとの死闘から数年が経ち、平穏を取り戻していたある日、進化したKAIJUが地上に出現。若きパイロットたちが新世代のイェーガーで戦う。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のジョン・ボイエガが主人公ジェイクを演じる。

フォトギャラリー

パシフィック・リム:アップライジング 画像1
パシフィック・リム:アップライジング 画像2
パシフィック・リム:アップライジング 画像3
パシフィック・リム:アップライジング 画像4

予告編・関連動画

パシフィック・リム:アップライジング

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

突如、深海から現れた巨大生命体、KAIJUに対し、人型巨大兵器イェーガーで戦い、勝利を収めた人類。戦いから数年が経ち、人々は平穏な日常を取り戻していたが、ある日、進化を遂げたKAIJUが再び現れる。若きパイロットたちはイェーガーで立ち向かうが、謎の黒いイェーガーの出現により、予想外な戦いも強いられることになる。

作品データ

原題
PACIFIC RIM: UPRISING
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
111分

[c]Legendary Pictures/Universal Pictures. [c]キネマ旬報社

  • ryookie
    ryookie
    1.5
    2019/5/23

    前作から監督が変わるだけでこんなにもつまらなくなるとは…
    中国資本が入ったこともあり、ストーリーにまで影響する羽目に…
    是非デルトロ監督で3作目作って欲しい!!
    でもマコ死んじゃってるしなぁ〜

    違反報告
  • 元電気メーカー社員
    元電気メーカー社員
    4.0
    2018/5/4

    しかしまあ、ほんと、日本の怪獣映画や変身ヒーロー、ロボットアニメをよく研究してると思います。

    そして、マニアには元ネタが分かるようなキャラクタ作りをしつつ、日本のテレビ・映画界とは全く次元の異なる、というか桁違いのスケールの面白さを、生み出してしまう力量がほんとに凄い。

    2作目も、SF版チャンバラ活劇として、文句無しに楽しめました。

    二人の心が一つにならいと戦えないという基本設定(元ネタは、石ノ森章太郎原作の超人バロムワン)は堅持しつつ、

    今作ではイエーガー4機で怪獣と闘うという、戦隊ヒーロー編成。

    都会のビル街をリングに見立てて、怪獣とヒーローが格闘戦を繰り広げる描写は、ウルトラマン。シリーズのリバイバルですが、そこはさすがに今時の映画、CG主体の画面作りですからカメラアングルも自由自在。

    そして、今回初登場する悪役ロボットの元ネタは、エヴァンゲリオンでしょう。

    怪獣との格闘シーンが本編終盤にまとめられ、前編・中盤では地球防衛軍側の事件の描写が、中心になっていますが、それでも全く退屈しないように、ストーリーもしっかり練られています。

    ウルトラマンの初回放送をリアルタイムで見ていた私の、個人的趣味で言えば、星5つあげても惜しくないです。

    違反報告
  • 門倉カド(映画コーディネーター)
    門倉カド(映画コーディネーター)
    4.0
    2018/4/24

    【賛否両論チェック】
    賛:予備知識は最悪なくても大丈夫そう。自分の人生から目を背けていた主人公が、若き新米パイロット達との出逢いを通して、次第に勇ましく変わっていく様がカッコイイ。ド迫力のアクションも魅力。
    否:フルCGによるイェーガーと怪獣の戦いは、一歩間違えると荒唐無稽感が満載で、好き嫌いが分かれそうなところ。ストーリーもかなり無理があるか。

     一応冒頭で前作のあらすじは説明してくれるので、予備知識がなくても大丈夫そうです。
     偉大な司令官を父に持ちながら、すさんだ生活を送り続ける青年・ジェイク。そんな彼が孤独な少女・アマーラと出逢ったのがきっかけとなり、再びイェーガーのパイロットとして仲間を鼓舞するまでに変わっていく姿は、観ていて清々しいです。ジェイクがアマーラに告げる、
    「自分が何者か、決めるのは自分自身だ。」
    というセリフが印象的です。
     ただ前作と比べると、アクションはよりスケールアップしているものの、ただでさえ荒唐無稽だったストーリーにもさらに拍車がかかり、もはや無茶苦茶な内容になってきた感は否めません(笑)。その辺りを気にせず観られるかどうかが、カギになりそうです。
     何も考えずに、痛快なアクションでストレス発散したい、そんな時にはオススメの作品です。

    違反報告
  • 泉
    3.0
    2018/4/23

    怪獣物だし、ロボット物だけど、凄く人間的な所が好き。
    脳を繋いで記憶を共有する危うさ。
    だけど、そうして産まれる信頼感。家族だと言い切る絆。羨ましくも感じる。この設定好きです。
    人間は複雑で、目に見えるイメージ通りじゃない所とかね。

    Pacific Rimのプレミアを思い出すなぁ。
    あの日、プレミアイベント後、Guillermo del Toroが時間を作ってくれて、菊地凛子さんと共に、凄く贅沢な時間を過ごしたと思う。
    今回監督していなくて残念。

    Clint Eastwoodの息子のScott Eastwood、良いですよねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • tom
    tom
    3.0
    2018/4/19

    いやはや、さすがに超大迫力ですね。
    イェーガーとKAIJUの決闘シーンは
    超目まぐるしくって、超ブッ飛び。
    あまりに凄すぎて、ストーリーも超ブッ飛び。
    細かい事を気にしたらダメです。
    そんなことしてたらこの映画の良さを見過ごしちゃいます。
    残念なのは、ストーリーとしては
    日本が重要ポイントになるんですが、
    最近のハリウッドは中国資本に頼ってるので
    いいところは中国にもっていかれる感じ。
    菊池凜子もいい役どころですが、
    中国女優に全部もっていかれちゃいました。

    違反報告
  • 杉ちゃん
    杉ちゃん
    3.0
    2018/4/17

     トランス・フォーマーシリーズと違って、日本のアニメや日本の特撮怪獣ものへのオマージュが多かった前作は好きでしたが、やはり、二作目になると色々な意味で残念な結果に・・・

     まず、ドラマ性が薄れ、登場人物もかなり「雑」に描かれているため、感情移入できず印象も薄いです。
     また、イエーガーも前作よりたくさん出てきますが、その性能の違いとかの説明がゆるく、魅力的に思えませんでした。

     ただ、観ているうちは何も考えずに大迫力のイエーガーとKAIJUのドタバタを堪能できるので、娯楽映画として観ればまあまあだったのかもしれません。

     それにしても、一番残念なのは、KAIJUが魅力的ではないことです。初代ウルトラマンやウルトラセブンをみて参考にしてもらいたいものです・・・

    違反報告
  • コージィ
    コージィ
    3.0
    2018/4/15

    B級らしく、また戦うシーン満載なのは嬉しい作り。
    面白くはある。

    ただ、前作を知らないと楽しめない作りなんで、興行収入的には厳しいと思う。

    それに肝心の前作の良さや設定が台無しになってたのが残念。
    ・イェーガーの操縦が一人じゃ無理という難しさ
    ・2人以上のドリフト(パイロット人の意識シンクロ)が必要で、適応者しか操縦できない
    あたりが無視されてたように感じました。

    「1作目のファン」であり、日本のアニメ特撮ファンなおたく監督が作ったために「二次創作さ」がにじみ出ちゃったような。
    アニメしか観てなくてアニメ作ったり、漫画しか読んでなくて漫画描いたり、みたいな人の「縮小再生産」感ね。

    さらに、アメリカ人が作った雑な日本決戦なので、日本の地形がめちゃくちゃなのも気になるところ。
    お台場から怪獣が走り出して、 数Km先に富士山がある地形のおかしさが(神奈川県と箱根~清水あたりの静岡がなくなってしまってるしw )。

    さらに、「続く」って終わり方なんで、そこでモニョる。
    続けばいいけど、本作コケたら次は厳しくないか?

    などなど、前作比で50%くらいに縮小してしまった感じ。

    でも、スコアとしては悪くない。
    4DXとかで、ロボット(イェーガー)に乗ってるようなアトラクション感を楽しむにはよい作品だと思うのだ。

    違反報告
  • とりころーる
    とりころーる
    4.0
    2018/4/13

    うーん、富士山が目的地だとは! 東京と富士山の距離がやけに近いような遠いような........
    CGはとてもいいです。

    中国の存在感ありますねぇ。がっちり急所を握っているというか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告