真選組動乱篇とくれば“トッシー”!『銀魂2』“鬼の副長”のヘタレオタク姿が公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/6/29 12:00

真選組動乱篇とくれば“トッシー”!『銀魂2』“鬼の副長”のヘタレオタク姿が公開

コメディ映画の奇才・福田雄一監督が、累計発行部数5500万部にもおよぶ空知英秋の人気コミックを実写映画化し、まさかの2017年の実写邦画No. 1を記録した『銀魂』(17)の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)から公開される。このたび本作から、物語の重要な鍵を握る土方十四郎の別人格“トッシー”のキャラクタービジュアルが到着した。

パラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、主人公の坂田銀時と、志村新八、神楽の“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件が描かれる本作。前回の『銀魂』では人気エピソード「紅桜篇」が実写化されたが、今回は「銀魂」史上“最もアツい”と言われる「真選組動乱篇」と、“最も笑える”と評判の「将軍接待篇」が奇跡の融合を遂げる。

金欠で家賃も払えない万事屋3人はバイトを始めることを決意するのだが、行く先々で天下の将軍様と遭遇する羽目になる。時同じくして近藤勲率いる真選組には創立以来最大の危機が迫る。その大騒動のきっかけとなるのが、“鬼の副長”こと土方十四郎の些細な異変。

近藤の右腕として、普段は荒くれ隊士たちをまとめ上げ、局中法度を設けてスパルタ指導を行うクールな男・土方。ところが彼が急にヘタレオタクの“トッシー”となって、アイドル&フィギュアオタクへの道をまっしぐら。それが真選組だけでなく、将軍をも巻き込む陰謀へ繋がり、江戸中を揺るがす大騒動へと発展していく。

前作に引き続き土方を演じるのは、是枝裕和監督の『誰も知らない』(04)で鮮烈なデビューを飾り、第57回カンヌ国際映画祭では史上最年少の男優賞に輝いた柳楽優弥。あれから14年、世界を驚かせた稀代の天才俳優が中身のまったく違う2つのキャラクターを演じ、今度は日本中を笑いで包み込む。超絶豪華な俳優たちが集結する本作で、柳楽の快演に期待したい!

文/久保田 和馬

関連作品

  • 銀魂2 掟は破るためにこそある

    4.6
    217
    便利屋を営む男の活躍を描く人気漫画を実写映画化した、小栗旬主演のSF時代劇第2弾
  • 銀魂

    4.2
    123
    パラレルワールドの江戸で、なんでも屋の男の活躍を描く人気漫画を小栗旬主演で実写化

関連記事