キスマイ北山宏光の猫姿に「かわいい」と大歓声!「正装です」と肉球も披露|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
キスマイ北山宏光の猫姿に「かわいい」と大歓声!「正装です」と肉球も披露

イベント 2019/1/26 19:25

キスマイ北山宏光の猫姿に「かわいい」と大歓声!「正装です」と肉球も披露

板羽皆による人気コミックをKis-My-Ft2の北山宏光で実写映画化した『トラさん~僕が猫になったワケ~』(2月15日公開)の完成披露試写会が1月26日に竹芝ニューピアホールで開催され、北山をはじめ、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、要潤、筧昌也監督が登壇。劇中で猫役も演じた北山が“猫姿”でレッドカーペットを闊歩し、会場に集まった約680人から「キャー!」「かわいい!」と大歓声を浴びた。

ある日突然死んだ男が猫の姿で家族のもとに戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」を原作に、男の成長と家族への愛を描く本作。劇中で北山は、ダメ夫でありながらもどこか憎めない主人公の寿々男役と、猫のトラさんという“二役”にチャレンジした。

撮影以来、久々に猫スーツを身にまとった北山。愛らしい猫の姿で、大歓声と共に笑いも浴びたが「皆さんスーツですけれど、僕も猫スーツ。笑ってる方もいますけど、これは正装ですからね!」と声を大にしつつ、司会からマイクを新人アイドルのように両手でしっかりと持っていることを指摘されると「肉球が…。ものをつかむことがあまりできない」と肉球を披露。「暑い!俺だけ汗だく」と汗をかくひと幕もあったが、その一挙手一投足に「かわいい!」と声援が集まり、北山は「これを着ている時って、マジで得なんだよねえ。本当にみんながちやほやしてくれる」とご満悦の表情を見せていた。

北山は、猫の役作りとして「猫の動画も見た」と研究したそうで、「人間っぽくやりながら、そこに猫のスパイスを入れていく。そのバランスが難しかった」と苦労を吐露。北山と同じく、猫スーツを着て猫役を演じた飯豊は「私はちゃっかり見ました。北山さんが猫の練習をしているところを!『言わないで』って言われていたんですが、ここで言おうと思っていた」と切り出し、「鏡に向かって、ずっとこうやって。しっかり練習されてたんです!」と北山が猫の仕草を懸命に練習していたことを暴露。北山は「やめろよ」と大照れで、飯豊が「猫には“見られたくない”という気持ちもある。そこもリンクしていて、ピッタリでした!」とハマり度を大絶賛すると、「恥ずかしいって」とにやけ、会場の笑いを誘っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

関連記事