ソン・スンホンが二丁拳銃をぶっ放す! リメイク版『男たちの挽歌』が遂に日本上陸|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/2/14 11:00

ソン・スンホンが二丁拳銃をぶっ放す! リメイク版『男たちの挽歌』が遂に日本上陸

『レッドクリフ』2部作で知られる巨匠ジョン・ウーの出世作にして、現在もジョニー・トーらによって継承される“香港ノワール”なる一大ジャンルの礎となった『男たちの挽歌』(87)。アクション映画史を語るうえで欠かせない、そんな大傑作を韓国映画界が総力を挙げて完全リメイクした『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』が2月19日(土)より公開される。

舞台を香港から韓国に移し、主人公となる兄弟も北朝鮮からの脱北者という設定にチェンジ。武器密輸組織の大物となった兄ヒョク、彼と生き別れて刑事となった弟チョル、そして組織のエースにしてヒョクの親友であるヨンチュン。この3人の運命が、超ド級のガンアクションたっぷりに交錯していく。

オリジナル版の監督を務めたジョン・ウーが製作総指揮を担当しているだけに、アクションはよりスタイリッシュかつ迫力満点なものに。兄弟愛や男の絆を描いたドラマも深みが増しており、リメイクというよりはバージョンアップした“リウェイク=再覚醒”と呼びたくなるような作品だ。

また、どうしても気になってしまうのが、チョウ・ユンファが扮していたマークにあたるヨンチュンの存在。彼を演じるのは『ゴースト もういちど抱きしめたい』(10)で日本でも人気急上昇中のソン・スンホン。シャープさと甘さが同居したルックスを存分に活かし、暗黒街の伝説となるヒーローをクールに快演している。オールバックにティアドロップのサングラス、純白のスーツで決め、ベレッタの二丁拳銃をぶっ放す勇姿はユンファを超えているかもしれない。オリジナル版のファン、韓国映画のファン、どちらも見逃すことのできない作品だ。【トライワークス】