ジョニ-・デップ、バネッサの背中に一目惚れしたことを告白|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/1/1 11:00

ジョニ-・デップ、バネッサの背中に一目惚れしたことを告白

ジョニー・デップが約13年前にバネッサ・パラディを一目見て恋に落ちたことは有名な話だが、具体的にはその一目惚れした部分は彼女の背中だったらしい。

「あの頃、ロマン・ポランスキー監督の『ナインスゲート』(99)の仕事をしていたんだ。部屋の向こう側に一人の女性の背中が見えた。そして、その背中とそれについている首の形に、何というか、魅了されてしまったんだよ。本当に、それは美しい彫刻のようだった。そして突然にその背中と首が振り返り、彼女の顔が見えた。彼女は『こんにちは。私を覚えている?』と言った。僕は、もう完全にやられてしまっていた。その瞬間から、僕は彼女の虜になっていた」と英紙ザ・タイムズ日曜版のインタビューで語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連記事