高橋一生と蒼井優が夫婦役 『ロマンスドール』、儚く美しいティザービジュアルが到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/8/29 7:00

高橋一生と蒼井優が夫婦役 『ロマンスドール』、儚く美しいティザービジュアルが到着

2008年の連載開始直後から話題となった、ラブドール職人とその妻の日々を描いた小説「ロマンスドール」。この度、その原作者であるタナダユキ自らが脚本・監督を手掛けた同名の映画『ロマンスドール』が、2020年1月24日(金)に公開することが決定!あわせて、ティザービジュアルが到着した。

ラブドール職人である北村哲雄(高橋一生)は、美しく気立ての良い園子(蒼井優)に一目惚れして結婚したが、自身の仕事内容については隠し続けていた。次第にドール作りにのめり込んでいく哲雄は、恋い焦がれていた園子ともセックレスになってしまい、いよいよ夫婦の危機かと思われた時、園子が胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。

主演を務めるのは、現在放送中のTBSドラマ「凪のお暇」での好演も話題の高橋。哲雄の妻・園子を演じるのは、『リリィ・シュシュのすべて』(01)以来18年ぶりに高橋と共演を果たす蒼井。タナダ組への参加も映画としては11年ぶりとなったが、優しさの中に強さをもった、芯のある大人の女性を繊細に演じた。さらに2人をとりまくのは、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら、個性豊かな実力派俳優たち。

今回初解禁となったティザービジュアルは、夫婦役である高橋と蒼井が、タナダ監督が本作のキーカラーとした“スモーキーブルー”の世界観に包まれ、ベッドの上で寄り添う姿が写し出されている。惹かれ合って結婚したはずの2人だが、カメラを見つめる瞳は物憂げであり、「妻を愛して“嘘”をついた。」「夫を愛して“秘密”を持った。」という意味深なキャッチコピーが添えられている。2人が秘める“嘘”と“秘密”とは何なのか。

タナダ監督が、型破りな設定ながら、移りゆく男女の感情をリアルに、そして美しく儚く描き出す本作。高橋と蒼井演じる大人のラブストーリーが、どのような結末を向かえるのか。来年の公開に向け、期待が高まるばかりだ。

文/編集部

関連作品

  • ロマンスドール

    3.9
    360
    タナダユキの小説を、タナダ自身が監督・脚本を手掛け映画化する大人のラブストーリー
    Amazon Prime Video