『シン・ウルトラマン』ウルトラマンのデザインお披露目!オリジナルへの回帰は庵野秀明の“想いの結晶”|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『シン・ウルトラマン』ウルトラマンのデザインお披露目!オリジナルへの回帰は庵野秀明の“想いの結晶”

映画ニュース 2019/12/14 13:22

『シン・ウルトラマン』ウルトラマンのデザインお披露目!オリジナルへの回帰は庵野秀明の“想いの結晶”

斎藤工、樋口真嗣監督がウルトラマンを公開!
斎藤工、樋口真嗣監督がウルトラマンを公開!

円谷プロの祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」の開幕を飾るオープニングセレモニーが12月14日にTOKYO DOME CITY HALLで開催され、映画『シン・ウルトラマン』(2021公開予定)の斎藤工、樋口真嗣監督が登壇。本作のウルトラマンのデザインがお披露目となった。

【写真を見る】カラータイマーがない!『シン・ウルトラマン』ウルトラマン、スタチューの近影
【写真を見る】カラータイマーがない!『シン・ウルトラマン』ウルトラマン、スタチューの近影

1966年からテレビドラマ放送が開始され、日本を代表する不動のヒーローとなった「ウルトラマン」。『シン・ウルトラマン』は、『シン・ゴジラ』(16)を大ヒットに導いた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組み、「ウルトラマン」をまったく新しい形で現代に描きだすプロジェクト。ベールを取り、スタチューをお披露目した樋口監督は「まだひな型。これをもとに作っていくという、1号、2号になります」と紹介しながら、「企画、脚本の庵野は自分でウルトラマンをやってしまうほど、ウルトラマンが大好き。庵野の想いを結集させたいというのが、我々の仕事。どういうウルトラマンを庵野が見たいのか、作りたいのかを徹底的に集めて、この形になった」と語る。

初公開となったウルトラマンのデザインは、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などで実質的な美術総監督としていまに続く「ウルトラマン」シリーズの世界観構築に大きな功績を残した成田亨が1983年に描いた絵画「真実と正義と美の化身」をコンセプトとしたもの。庵野からは「『真実と正義と美の化身』の美しさをなんとか映像にできないかという想いが、今作のデザインコンセプトの原点」との言葉から始まるコメントが寄せられ、そこには「成田亨氏、佐々木明氏の創作したオリジナルへの回帰しか、我々の求めるデザインコンセプトを見いだせませんでした」。また「成田氏が望んだ、古谷敏氏の体型データをベースとした体躯。成田氏が望まなかった、目の部分に覗き穴を入れない。成田氏が望まなかった、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭を付けない、成田氏が望まなかったカラータイマーをつけない、という作業を行った結果が今回のデザイン」という庵野の並々ならぬ“原点回帰”への想いが明かされていた。

『シン・ウルトラマン』は2021公開予定
『シン・ウルトラマン』は2021公開予定

スタチューを見た斎藤は「脚が長い!」と微笑み「ずっと見ていられる美しさがある。すごく自然な生命体な気がします」と惚れ惚れ。主人公の“ウルトラマンになる男”を演じるが、「壁ドンとかをしてきた人間なので、まさかウルトラマンに変身する人生だとは思っていなかった。まさかと夢のようでした」とオファーを振り返り、「だから僕がやるんだという理由が、そこに書かれていた気がする。本当に不思議な体験をしました」と脚本を読んだ感想を語っていた。

オープニングには、アニメ「ULTRAMAN」の神山健治監督、荒牧伸志監督、アニメ「SSSS.GRIDMAN」の雨宮哲監督らも登壇した。雨宮監督からは、新作アニメ「SSSS.DYNAZENON」の制作が決定したことが発表された。

公開された『シン・ウルトラマン』のビジュアル
公開された『シン・ウルトラマン』のビジュアル

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • シン・ウルトラマン

    4.0
    7804
    『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組みウルトラマンを映画化